HOMEイベントLinuxいつ学ぶの?今でしょ! 学生向け Linux/OSS体験セミナー『Linuxを使ってみよう!』寄附講座

Linuxいつ学ぶの?今でしょ! 学生向け Linux/OSS体験セミナー『Linuxを使ってみよう!』寄附講座

第二弾開催報告 〜北海道旭川工業高等学校〜

このページを印刷する

今や、スマートフォン・携帯電話、ゲーム機、DVDレコーダー、スマートカーといった生活に身近な製品から、インターネット関連サーバ、ロボティクス、スーパーコンピュータなど、あらゆる場面でLinuxが使われています。
皆さんの生活のあらゆるところをLinuxが支えているのです。
そしてLinuxを扱うエンジニアの活躍の場はますます広がっています。

北海道旭川工業高等学校

Linuxが他のOSと違う素晴らしいところは、オープンソースのソフトウェアである点です。ソースが公開されているため、誰でも自由に無料で、中身の閲覧・開発・改善を行うことができます。
これまで、Linuxは世界中のエンジニアのボランタリーな貢献によって改良が重ねられてきました。そして今この瞬間もLinuxはどんどん進化しています。

もし、高校時代にLinuxに触れることができ、オープンソースに対する魅力を感じられたら、今、私たちも想像できないような多くの“輝かしい未来“と“楽しいこと“が起きるはずです。

LPI-Japanでは、将来の日本のIT技術を支える人財の育成や、地域におけるLinux技術の継承・普及に貢献できればと思い、中学・高校・高専・専門学校・大学などにおいて、Linuxの体験講座を無償で実施いたします。

今回の第二弾は、NPO法人 ITジュニア育成交流協会のご協力を得て、『北海道旭川工業高等学校』で実施しました。
今回は、ITジュニア育成交流協会を通じてシュナイダーエレクトリック株式会社と東芝ITサービス株式会社から北海道旭川工業高等学校に寄贈されたリユースPCを使って、一人一台での実機(ハンズオン)講習の形式でLinuxをインストールしました。
また、講師は、リナックスアカデミー 専任講師の矢越昭仁先生にボランティアで務めていただきました。
参加者は11名の情報処理部の1年生と2年生の生徒さんたち。
みなさん、とても熱心に受講してくださいました。
その様子を下記に掲載いたします。

ぜひ、私たちの学校でも実施してほしい!という学校さん、LPI-Japan(info@lpi.or.jp, 03-3568-4482)までお問い合わせください。

講義の様子

生徒同士で教え合いながらの実機(ハンズオン)演習

最後に全員で記念撮影をパチリ!

受講した生徒さんのアンケート

講義を受けた生徒さんからの感想の一部をご紹介します。生徒の皆さまからはたくさんのコメントをいただきました。ありがとうございました。

  • 間違ってminimalをいれてしまいましたが、そのおかげでLinuxのコマンドやネットワークの設定などになれました。また、Linuxの歴史やそのほかのLinuxの特徴などが学べたのでよかったです。
  • 機会がなければ一生触れることが無いようなことをいっぱい学ぶことができてよかった。
  • 初体験の事ばかりで難しかったけど楽しかったです。Linuxはあまりふれることがないのでいい経験になりました。
  • Linuxの初期設定のやり方やSEになるには何が必要かっていうのがわかって良かった。
  • Linuxをさわるのははじめてなのでとっても楽しかった。
  • やっぱりプロの人ということもあって、色々なあまり意識しない話をたくさん聞けて良かった。
  • Linuxについては、聞いたことはあったが、内容については全く知らなかったので、とても勉強になった。
  • 今後、自作PCを作った時にLinuxを導入すると思うのでインストールから知ることができて良かったです。
  • RedHatなどOSの歴史などをしれて楽しかった。
  • OSをインストールすることができたこと。本やぬいぐるみをもらったこと。
  • Linuxの歴史を学べた。Linuxを入れようと思っていたので今回の講義で背中を押してもらった。自分にとってとてもよかったと思います。

部活動顧問の先生の感想

情報技術科 下村 幸広 先生

本校ではプログラミングの学習は主にLinux上で展開していることもあり、生徒はLinuxについて「深く知りたい」、「理解したい」という気持ちがありました。
そこに今回、プロフェッショナルな矢越先生が来校され指導していただける機会を得ることができ、生徒も私たちも大変楽しみにしておりました。
講義ではインストールで一部つまづいたりとスムースには進むことができなかった部分もありましたが終わってみると、ブラックボックスだったLinuxの中身がほんのすこしでもわかったような気持ちになったのは大きな成果だと思います。
生徒の興味は尽きません。これを機会にさらに知識を掘り下げ、個々の技術力を向上させ無償で使えるこの素晴らしいツールで将来の日本を引っ張っていける大人になってくれることを強く期待しています。

情報技術科 桝本 哲史 先生

寄附講座「Linuxいつ学ぶの?今でしょ!」ハンズオンセミナーを開催していただき有難うございました。
Linuxに関しては授業や実習のなかでUbuntuを使い、C言語、組み込みプログラミングなどに使っています。
今回はCentOSのインストールからコマンドによるネットワークの設定を、Linuxのコマンドを知らない1年生にもわかりやすく、丁寧に教えていただきました。
生徒たちはCUIで設定するために必要な知識量に圧倒されながらの実習でしたが、さらに活用していこうという姿が印象的でした。
この講座はプロの方からの指導ということで、今後大きく成長してゆく礎となったと思います。ありがとうございました。

LinuxやOSSに関する寄附講座について問い合わせる

このページのトップへ