受験申し込み方法と受験予約

2010年11月18日より、LPI認定試験に関するリテークポリシーが下記のとおり変更になりました。
以下内容をLPIC受験前に必ずご確認頂けますようお願い致します。

同一科目の2回目の受験

LPIC同一科目を再受験する際、2回目の受験については、受験日の翌日から起算して7日目以降(土日含む)より可能となります。

同じ科目の再試験は7日目以降から

同一科目の3回目の受験

LPIC同一科目を再受験する際、3回目以降の受験については、最後の受験日の翌日から起算して30日以降より可能となります。ただし、最後の受験日から2年以上経過している場合、次の再受験は一回目の受験としてカウントされます。

同じ科目の再試験は7日目以降から

一度合格している科目は

一度合格した科目は、受験日から2年間は再受験をすることはできません。 リテークポリシーは「2年毎」のラウンドです。 受験後「2年間」を経た場合、リテークポリシーは一旦クリアになり、 その後の同一試験の最初の再受験は一度目の受験としてカウントされます。

注意事項

注1)リテークポリシーに違反をしている場合、ピアソンVUEでは受験予約をすることができません。それに対するお客さまへの対応はできません。ご了承下さい。

よくある質問

Question

リテークポリシーについて、同一科目の2回目の受験ができるのは最短でいつですか?

Answer

1回目の受験日の「翌週の同曜日」の受験が最短で受験できる日です。

Question

受験結果が不合格で再受験まで待機中に、他の科目を受験することは可能ですか?

Answer

可能です。リテークポリシーは同一科目の再受験についての規約です。

Question

申し込んでいた試験が急用で受験できなくなりました。
その場合、1回目の受験としてカウントされ再受験ポリシーが適用されますか?

Answer

実際に受験をしなかった場合は、受験記録としてカウントされませんので、再受験ポリシーは適用されません。翌日から受験可能です。

Question

一回目に旧バージョンの試験を受験して不合格だった場合に、二回目に新バージョンの同じ試験名の試験を受験したい場合は
再受験ポリシーが適用されますか?
例)201試験(Ver4.0など)を受験して不合格だったので、次にに201試験「Ver4.5など」を受験したい場合

Answer

バージョン別の試験であっても同じ試験名の受験は【同一科目】であり、通常の再受験ポリシーが適用されます。
例)1回目に201試験(Ver4.0)に不合格、2回目に201試験(Ver4.5)に不合格となった場合は、3回目の201試験の再受験はバージョンに関係なく2回目の受験日の翌日から起算して30日目以降より可能となります。

ご不明な点はLPI-Japan事務局(info@lpi.or.jp)までお問い合わせください。

このページのトップへ