HOMEイベント・セミナーエグゼクティブセミナー「Linux/OSS ビジネスサミット 2010」〜Fee on Freeの世界で成功するために」(2010年2月10日開催)

エグゼクティブセミナー「Linux/OSS ビジネスサミット 2010」Fee on Free 〜フィー オン フリーの世界で成功するために〜

2010年2月10日(水) 15:00 セミナー開始(14:30受付開始)

携帯ページはこちら

いまビジネスの世界では、パラダイムシフトと呼ぶべき動きが進んでいます。そこにおいて、重要な鍵となるのが「オープンソース」です。オープンソースの代表格であるLinuxは、その利用自体は無料ですが、導入や運用にかかわるコンサルテーションやサポートといったサービスがビジネスとして成立しています。それが、「無料の先にある有料のビジネス」、すなわち「Fee On Free」という考え方なのです。このように、従来は秘密にしていたものをオープンにして、その結果として利益を得るという新たなビジネスモデルへのパラダイムシフトは、 単にソフトウェアの世界にとどまらず、あらゆるビジネスで起こりつつあります。そこで、この「Fee On Free」の世界とはどのようなものなのか、この世界で成功するためには、どのような視点から企業は運営されるべきなのか。このような観点から、「Linux/OSS Business Summit 2010」 を企画いたしました。

まず、基調講演に株式会社NTTドコモ スマートフォン事業推進室 アプリケーション企画担当部長 山下 哲也氏をお迎えし、「モバイル市場の変貌〜オープン・アーキテクチャがもたらすもの〜」と題し、AndroidのようなオープンソースのOSやオープンソースのビジネスモデルが今後どのように経営に影響を与えて行くのか、Androidの商用化に取り組む携帯電話事業者の視点から、ご講演いただきます。その後、オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社(OSS Tech)代表取締役社長 小田切 耕司氏に「クラウド時代におけるLinux/OSSビジネス事例」と題し、オープンソースビジネスで利益をあげるためのポイント、なぜOSS Techが急成長をとげているかをお話いただきます。OSS Techは、Linux OSそのものではなく、Samba、OpenLDAPといったオープンソースソフトウェアの技術やネットワークなどのコンサルティングなどで、急成長をとげている企業です。最後に、LPI-Japan理事長の成井より、オープンソースムーブメントが世の中のビジネスに与えるインパクトを説明し、参加者の皆様の会社を成長させるためには、どのように取り入れるべきなのかについて、ご紹介いたします。

皆様のビジネス発展のヒントとなる情報をお持ち帰りいただく機会となれば幸いに存じます。 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

Click! お申込みはこちら>

開催概要

開催日時 2010年2月10日(水)15:00〜(受付開始 14:30)
会場 コンラッド東京 アネックス2F
〒105-7337 東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング
TEL 03-6388-8000

<アクセス>
都営大江戸線 汐留駅 9番出口 徒歩1分
ゆりかもめ線 汐留駅 徒歩1分
JR 新橋駅 汐留口より地下通路 徒歩7分
定員 100名(お申込みフォームで事前に参加登録してください。)
対象 Linux/OSSを活用したいと思っている経営者、管理者の方。
Linux/OSSビジネスに携わっている方、興味のある方など。
参加費 無料(お申込みは一社三名様までとさせていただきます)
主催 特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(LPI-Japan)

プログラム

時間/会場 プログラム
15:00〜16:00
(60分)

山下 哲也氏

基調講演

「モバイル市場の変貌:オープン・アーキテクチャがもたらすもの」

株式会社NTTドコモ スマートフォン事業推進室
アプリケーション企画 担当部長 山下 哲也氏

全世界で、個人に最も密着したITデバイスとなった携帯電話、”モバイル”。過去10年、急速に進化・普及したモバイル市場は、オープン化という新たな波により再び劇的な変化を始め、未体験ゾーンへと突入しつつあります。特に、Googleが提案した新たなオープンOS「Android」は、オープンソースの思想のもと、世界中の開発者の才能を共有することで、モバイルとインターネットとを強力に結び進化させようとする革新的な試みです。
さらに、同時進行で進化するiPhoneやWindows Mobileなどの最新モバイルデバイスとの競争は日々加熱の度合いを増し、この競争の中から、従来には見られなかった全く新しいサービスが次々と生まれるものと期待されています。さらに、この流れと並行して、インターネットの世界でクラウドの概念・サービスが 急速に拡がりをみせていることから、この二つの大きな潮流は、今後のビジネスやライフスタイルを大きく変える創発を次々と生み出すものと予想されます。こうしたパラダイムシフトの鍵となる、モバイルデバイスのオープンOS化の動きと そこで生まれる変化について、Androidの商用化に取り組む携帯電話事業者の視点から、 オープン・アーキテクチャを基盤とする、今後のサービス進化に重要な要素を抽出し、概説いたします。

【略歴】
1989年筑波大学第三学群社会工学類卒業、NEC入社。海外向け携帯電話の無線システム開発に従事。1997年にモトローラに入社、現在の携帯電話システムW-CDMAの国際標準化業務に貢献。
1999年にドコモに入社、iモード サービスの海外展開に従事後、MIT Sloan Fellowsに留学、2007年MBAを取得。
2007年DoCoMo USAニューヨーク本社Senior Vice President、2008年7月より現職を務め、新しい携帯端末の基盤となりつつあるオープンOS系(スマートフォン)のビジネス開発を推進中。

16:00〜16:10
(10分)
休憩
16:10〜16:55
(45分)

小田切 耕司氏

講演1

「クラウド時代におけるLinux/OSSビジネス事例」

オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社
代表取締役社長 チーフアーキテクト 小田切 耕司氏

不景気の中、Linux/OSSやクラウドサービスのビジネスは成長し続けています。しかしながら従来のイントラネットの中にある業務サーバーの構築や改良も重要な事項です。クラウドとイントラネットとの連携にLinux/OSSを活用することで新たなビジネスが始まっています。統合ID管理やシングル・サイン・オンといった技術をLinux/OSSで実現し、クラウドとイントラネットとの連携に成功した事例を紹介します。

【略歴】
1985年4月: 三菱電機 計算機製作所に入社し、メインフレーム (汎用機)、UNIX、Windows のトランザクションモニタやデータベースなどミドルウェア開発に従事。
また、OSF/DCE の大規模ディレクトリサービスや分散ファイルシステムの研究を行い、大規模ディレクトリサービス設計コンサルティングなども経験2001年1月: ミラクル・リナックス株式会社へ入社。
開発部 部長、製品本部 本部長、プロフェショナル サービス部 部長を経験し、Linux およびオープンソース製品の開発、マーケティング、コンサルティングサービス事業立ち上げを行った。
2006年9月 オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社を設立、代表取締役就任

16:55〜17:40
(45分)

成井 弦

講演2

「オープンソースムーブメントのインパクト」

LPI-Japan
理事長 成井 弦

いまやパラダイムシフトと呼ぶべき「オープンソースムーブメント」の動きは、単にソフトウェアの世界にとどまらず、あらゆるビジネスで起こりつつあります。
この「オープンソースムーブメント」が、世の中のビジネスへ与えるインパクトを説明し、参加者の皆様の会社を成長させるためには、どのように取り入れるべきなのかなどについて、事例を交えてご紹介いたします。

【略歴】
元米国DEC 副社長、日本DEC 取締役、日本SGI 副社長、現リーディングエッジ社 社長、LPI-Japan理事長

17:50〜19:30 懇親会(立食パーティー形式)

※プログラムは予告無く変更になる場合がございますのでご了承ください。
※満席が予想されます。申しわけございませんが、お申込みは、1社3名様までとさせていただきます。

お申込み

お申込み受付は終了いたしました。

おかげさまで定員以上の方にお申込みをいただきました。
誠にありがとうございました。

お問い合わせ先

本件に関して不明な点、ご質問などございましたら、お気軽に事務局までお問い合わせください。

LPI-Japan事務局
電話番号
FAX番号
03-3261-3660
03-3261-3661
E-mail info@lpi.or.jp

このページのトップへ