HOME輝く未来へ…女性の為のキャリアアップセミナー

輝く未来へ…女性の為のキャリアアップセミナー

携帯サイトはこちら|開催日時や会場への地図をご確認いただけます。

  • 開催概要
  • プログラム
  • お申し込み

ますます、女性の技術分野への進出が進んでいるものの、まだ男性が多いIT業界では、
IT業界で働くことに不安を感じる女性もいるかもしれません。
一方、IT業界は他の業界と比べると、
・男女平等が進んでいる
・実力で勝負できる土壌がある
・手に職を持つことにより、結婚/出産後も仕事に復帰しやすい
・ITのスキルと女性のコミュニケーション能力を活用することで仕事に有利
など、働く女性にとって多くのメリットがあり、女性がますます輝くことができる業界です。

そこで、今回の女性限定セミナー「輝く未来へ 女性のためのキャリアアップセミナー 〜IT業界でプロフェッショナルを目指すために」では、
人事、教育分野で活躍されてきたNECラーニング株式会社社長の内海房子氏と、ITエンジニアとして、そして管理職として活躍されているNECの高橋千恵子氏をお迎えして、
IT業界で働いている女性、そしてこれからIT業界で働きたい女性が輝く未来を手に入れるために役立つお話をしていただきます。

また、事務職からITエンジニアへのキャリアチェンジを実現して活躍している女性、LPICの資格を取得して派遣スタッフからIT系企業の正社員となった女性、
文系大学からITエンジニアのキャリアを進んでいる女性などによる、パネルディスカッションも実施します。
IT業界で働くにあたり、具体的にどのようにキャリアを築くべきかのヒントとなるお話を、ガールズトークを交えながら、参加者の皆様と等身大の視点でお話していただきます。

セミナーの後には立食パーティー形式の懇親会を開催します。
こちらにもぜひご参加いただき、皆様の懇親と意見交換の場としていただければ幸いです。

IT業界で働く女性の方々、IT業界に興味のある女性の方々、必見のセミナーです!
お申込みはこちらから!

ご応募・詳細はこちら

開催概要

日時
2011年1月23日(日)
13:30〜18:00 セミナー(13時 受付開始)
17:00〜18:00 懇親会(立食パーティー)
会場
東京ミッドタウン 4F
Room7(セミナー)
Room5(懇親会・立食パーティー形式)
住所・会場連絡先 〒107-0052 東京都港区赤坂9丁目7-1 03-3475-3103
会場アクセス ・都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結
・東京メトロ日比谷線「六本木駅」4A出口側から地下通路を経由し、8番出口より直結
・東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩約3分
・東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」1番出口より徒歩約10分
アクセスマップ
対象 ・IT業界に興味のある女性
・LPIC取得を目指している女性 など
方式 セミナー方式(セミナー)、立食パーティー(懇親会)
参加費 無料
定員 100名(申込みフォームで事前に参加登録してください。)
ご参加者への特典 特典1)当日ご参加になられた方全員に【LPIC受験半額チケット】(ご本人のみご利用可)をプレゼントいたします!
特典2)当日ご参加になられた方全員にこれからの季節に大活躍するLPI-Japanオリジナル「ブランケット」をプレゼントします!
主催 特定非営利活動法人エルピーアイジャパン
後援 SuonoDolce by ニッポン放送
メディアスポンサー 日経WOMAN 日経Linux

プログラム

時間 プログラム
13:30〜13:35(5分) LPI-Japanからご挨拶
13:35〜14:35(60分) 内海 房子様 基調講演

もっと素敵にワーキングライフ

【講師】 NECラーニング株式会社 代表取締役執行役員社長 内海 房子様 【講演概要】
  • 女性にとって「仕事」とはなにか?「キャリア」とはなにか?
  • 多様なライフスタイルにおける女性の働き方
  • 女性が仕事を通じて得られるもの
  • 結婚・出産・育児などの両立のコツ
  • これから、日本がもっと活気づくための女性の役割とは?
【講演内容】 40年にわたる私自身のキャリアを振り返ると、働く女性の労働環境が大きく変化する時代を駆け抜けてきたように思う。これからは一種類ではない多様な働き方が支持される時代である。男性も女性も、思う存分、持てる力を十分発揮し、明るい日本の将来を築いてほしい。そのためには、女性もキャリアを継続すること、たとえ中断することがあっても必ず復帰するという強い意思を持つことである。「天の半分は女性が支える」である。
この様な観点で、IT業界でプロフェッショナルを目指す女性のみなさまにお話いたします。

【略歴】 津田塾大学を卒業後、NECに入社。人事部人事担当部長を経て研究開発事務本部長に就任。
その後、2001年にNECソフト株式会社執行役員を経て、2005年にNECラーニング株式会社 代表取締役執行役員社長に就任し、現在に至る。
また、現在、日本工学教育協会 理事、津田塾大学女性研究者支援センター 評価委員、男性が育児参加できるワーク・ライフ・バランス推進協議会委員(厚生労働省)などの要職も歴任。

著書:
「私は、人事課長一年生」(日経連広報部)
「もっと素敵にワーキングライフ」(大和出版)
14:35〜14:45(10分) 休憩
14:45〜15:15(30分) 高橋 千恵子氏 講演

女性エンジニアとしてのキャリアの描き方

【講師】 LPI-Japan理事 高橋 千恵子氏
(NEC ITPFソリューション事業部 グループマネージャー) 【講演概要】(仮)
  • 女性エンジニアの活躍の場やメリットなどについて
  • エンジニアを目指す人の適正とは
  • 女性エンジニアに期待すること
  • Linux/OSSエンジニアが求められている
  • エンジニアを目指す女性へのエール
【略歴】 大学卒業後、NECに入社。スーパーコンピュータのOSの開発を担当し、課長に就任。
02年より、Linuxによるソリューション提案部門の部長を歴任。
15:15〜15:45(30分) 成井 弦 講演

オープンソースのインパクトとキャリアパス

【講師】 LPI-Japan理事長 成井 弦 【略歴】 元米国DEC 副社長、日本DEC 取締役、日本SGI 副社長
現LPI-Japan理事長
15:45〜15:55(10分) 休憩
15:55〜16:45(50分) 女性ITエンジニアのパネルディスカッション 【モデレーター】
富永 恭子様 富永 恭子様 株式会社ロビンソン代表 編集者&ライター リクルート広告事業制作部門のディレクター、「ファッション通信」制作会社インファスのTV番組、ビデオ制作プロデューサー、自由民主党の衆・参議院の議員20名による政策集団「自由社会フォーラム(FLS)」事務局の広報担当および広報誌「月刊21世紀」編集長を経て、コンテンツ制作会社ロビンソンを設立。広告・PR制作、編集制作、「ITmedia」「asahi.com」「CNet Japan」「ZDNet Japan」などIT系メディアの報道・特集記事を執筆。
【パネラー】
西田 由美子様 西田 由美子様 CTCシステムオペレーションズ株式会社 前職は、総務・経理の派遣社員。
IT業界への憧れと、正社員で働くという夢を、スクールを活用して実現。
現在は、CTCシステムオペレーションズで、サーバーの運用・保守を担当。
濱田 美奈子様 濱田 美奈子様 NECネッツエスアイ株式会社 ネットワークインフラ事業本部 事業企画室 人材開発部 システムエンジニアとして、Linux/UNIXをベースとした基盤系システムの提案・設計・構築、サポートサービスを経験。Linux/UNIXを体系的に学ぶ必要性を感じ、インストラクター業へ転身する。
現在は、NECネッツエスアイにて、社内インストラクタとしてLPIC資格対策講座、新入社員研修を担当。これまでの経験を活かし、未経験者でもわかりやすく実用的な授業展開を心がけている。
福永 愛美様 福永 愛美様 株式会社クエスト インフラソリューションサービス事業部 家電メーカーのECサイトのインフラの提案、運用、管理などに従事。
業務ではLinux/Unix/Windowsの複数システムを担当していることもあり、より深い知識を得る必要性があると感じ、LPICレベル3 Coreを取得する。
取得後は、これまで時間を要していた技術的な対応時間が短縮され、現在では殆ど残業を行わないメリハリのある仕事ができていると実感中。
最近は、現役ITエンジニアが学生向けに「エンジニアのお仕事」について夢のある話を語る交流会コミュニティー「Engdream」を主催している。
16:45〜17:00(15分) 閉会のご挨拶及び閉会
17:00〜18:00(60分) 懇親会(立食パーティー形式)

◆都合により、内容が変更される場合がございます。予めご了承ください。

お申し込み

定員に達しましたのでお申込みを締め切りました。
沢山のお申込みを誠に有り難うございました。

LPI-Japanでは、LPICを目指す女性のためのセミナーを他にも実施しています。
https://www.lpi.or.jp/seminar20110126/index.php

よろしければ、上記のセミナーにお申込みください。

その他、無料技術支援セミナーなどを実施しております。
その他のセミナーは下記からお申込みください。
http://www.lpi.or.jp/news/calendar/event.shtml

このページのトップへ