トップ > 『Linux/OSS教育フォーラム2008 Linux/OSS人材育成の現状と課題 〜Linux/OSSに関わる企業が求める人材像とは』(2008年3月29日開催)のご案内

Linux/OSS教育フォーラム2008 Linux/OSS人材育成の現状と課題 〜Linux/OSSに関わる企業が求める人材像とは

2008年3月29日(土) 13:30 講演開始(13:00開場)

LPI-Japanは、工業高校、高等専門学校、専門学校、大学、および企業内教育などで、Linux/OSSの教育に携わっていらっしゃる方々やご興味のある多くの方々との連携を深め、LinuxおよびOSSの技術者人材育成の活動を展開しています。
その活動の一環として、2007年8月に引き続き、第二弾として、『Linux/OSS教育フォーラム2008』を開催する運びとなりました。
企業ではどのようなLinux/OSS技術者の人材を求めているかについてのご講演を頂き、次に、教育機関ではそれを踏まえてどのような人材を育成すればよいかをお話いただきます。
このフォーラムを通じて、Linux/OSSに関わる企業において、望まれる人材像や人材育成方法などを知っていただき、今後のLinux/OSS技術者の人材育成にお役立ていただければと存じます。

このフォーラムでは、NECソフト株式会社 ITシステム事業部 事業部長 鈴木 敦夫 氏をはじめ、株式会社アイエスエフネット 代表取締役社長 渡邉 幸義 氏、リナックスアカデミー 学校長 濱野 賢一朗 氏といったLinux/OSS教育に熱心に取り組んでいらっしゃる企業や教育機関の方々に、具体的なLinux/OSS教育の取り組みについて、事例などを交えてご講演いただきます。
また、最後のパネルディスカッションでは、聴講者の皆様からもご意見など頂戴しながら、『Linux/OSS人材育成の現状と課題 〜Linux/OSSに関わる企業が求める人材像とは』をテーマにディスカッションをいたします。
本フォーラムが、皆様のLinux/OSS教育の取り組みにおいてご参考になることが多くあれば幸いに存じます。
企業の皆様と教育機関の皆様が、Linux/OSS教育について語り合って頂き、親交を深める機会になれば幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

お申込みはこちらClick!


〜開催概要〜
開催日時 2008年3月29日(土)13:30〜17:00(13:00開場)
  • 講演:13:30〜15:50
  • パネルディスカッション:16:00〜17:00
会場 文祥堂イベントホール
東京都中央区銀座3丁目4-12 文祥堂銀座ビル2階 03-3566-3539
対象者 高校、高等専門学校、専門学校、大学、および、企業内教育など、Linux/OSSの教育に携わっていらっしゃる方、OSS教育に興味のある方
定員 100名
参加費 無料
主催 特定非営利活動法人 エルピーアイジャパン (LPI-Japan)

〜スケジュール〜
時間/会場 プログラム
13:30〜13:45
(15分)
LPI-Japan理事長 成井 弦 挨拶
LPI-Japan理事長 成井 弦
13:45〜14:15
(30分)
講演1
『NECソフトでの求める人材像』
NECソフト株式会社 ITシステム事業部 事業部長 鈴木 敦夫 氏 NECソフト株式会社 ITシステム事業部 事業部長 鈴木 敦夫 氏
略歴:1999年NECグループのLinux/OSSのビジネス立ち上げを行い、LPI-Japanの理事で、試験開発ワーキンググループリーダー。The Linux Foundationで、SIForumリーダー。IPA OSSセンターの非常勤研究員など多くの外部活動に対応。現在は、NECソフト ITシステム事業部の事業部長。
NECソフトでの求める人材像とは何かをテーマにNECソフトでの人材育成への取り組みなどについてご紹介します。
14:15〜14:45
(30分)
講演2
『企業が求める人材像とは』
株式会社アイエスエフネット 代表取締役社長 渡邉 幸義 氏 株式会社アイエスエフネット 代表取締役社長 渡邉 幸義 氏
略歴:1986年3月 武蔵工業大学 機械工業科卒業、1986年4月 日本ディジタルイクイップメント株式会社 入社、2000年1月 株式会社 アイエスエフネット 代表取締役就任 現在に至る。
14:45〜14:55
(10分)
休憩
14:55〜15:25
(30分)
講演3
『研修事例にみるLinux/OSS教育ニーズの動向』
リナックスアカデミー 学校長 濱野 賢一朗氏 リナックスアカデミー 学校長 濱野 賢一朗 氏
略歴:早い時期よりオープンソースやLinuxの教育におけるLPICの有益性に注目し、Webサイト「LPI認定試験情報」の運営を行うとともに、著書・監訳書「Linux教科書 LPICレベル1」「Linux教科書 LPICレベル2」( 翔泳社)、「合格Expert LPI Linux 認定試験 レベル1リリース2」(技術評論社)などによる情報提供を行っている。また、日本OSS推進フォーラムなどでオープンソース教育促進のための活動を行っている。
技術者がLinuxが使えることが当たり前となりつつある今、企業が求めるLinux/OSS教育にも変化がでてきています。本セッションでは、リナックスアカデミーが実施した企業向けの研修事例から、求められている教育や研修のあり方を探ります。
15:25〜15:45
(20分)
講演4
『LPI-Japanの人材育成の取り組みについて』
横河フィールドエンジニアリングサービス(株)フィールドサポート本部 マルチベンダーシステム部 部長 丸茂 晴晃 氏 横河フィールドエンジニアリングサービス株式会社
オープンシステムソリューション本部
オープンシステムサービス部 部長 丸茂 晴晃 氏

略歴:LPI-Japan(2000年発起人の一人。現在、理事)。OSPI(2004年発起人の一人。現在、理事)。業務上、関わってきた、社内人材育成経験で社会貢献ができないかと、NPOを通じたボランティア活動を実施中。
15:45〜15:50
(5分)
『授業で使えるLinux標準テキストのご紹介』
執筆者からの報告(予定)
15:50〜16:00
(10分)
休憩
16:00〜17:00
(60分)
パネルディスカッション
『Linux/OSS人材育成の現状と課題−Linux/OSSに関わる企業が求める人材像とは』
司会:株式会社びぎねっと 宮原 徹 氏(LPI-Japanメールマガジン執筆者)
パネラー:
 NECソフト株式会社 鈴木 敦夫 氏
 株式会社アイエスエフネット 代表取締役社長 渡邉 幸義 氏
 リナックスアカデミー 学校長 濱野 賢一朗 氏
 横河フィールドエンジニアリングサービス株式会社 丸茂 晴晃 氏

Linux/OSS技術者の育成の現状と課題を話合い、それぞれが協力しあえることを考えます。 今回のセミナー参加者が、このセミナーで共有した課題を持ち帰り、また後日、事例を持ち寄って発表できるような、継続的にLinux/OSSの人材育成の活動を行っていくための試みです。

プログラム内容は予告なく変更する場合があります。ご了承ください。


〜 お申込み 〜
お申込みを終了いたしました。大変多くのお申込みをいただき、誠にありがとうございました。

本件に関して不明な点、ご質問などございましたら、お気軽に事務局までお問い合わせください。
LPI-Japan 事務局
前のページに戻る このページのトップへ