レベル2の出題範囲改訂とレベル3の体系変更について

概要

LPIでは2014年1月1日より、日本語版のレベル2の出題範囲とレベル3の体系を改訂しました。
改訂後の出題範囲のバージョンは、レベル2の201/202試験はVer4.0となり、レベル3で新規にリリースされる300試験はVer1.0となります。

LPI本部の発表と詳細な情報

LPIC-3体系変更の背景

背景その1) Linuxサーバの使用環境の広がりと変化
Linuxサーバが普及し、Linuxサーバの使用環境が様々な分野に広がり、またサーバの技術的な進歩も顕著です。このような変化に認定技術者の能力を対応させる意味で構成を変えることになりました。
背景その2) LPIC-2のエンジニアに求められる技術力がより高度化
現在は、LPIC-1(基礎)、LPIC-2(上級)、Core(エンタープライズレベル)、Specialty(専門家)という4階層となっています。しかし、Linuxサーバの高性能化、大規模化により、LPIC-2のエンジニアに求められる技術がより高度になりました。
例えば、LPIC-2でもエンタープライズレベルの技術が求められるようになりました。このようなニーズに適応するため、従来の301(Core)に入っていた一部の技術をLPIC-2に含め、301試験の中でより専門的な分野はSpecialtyに含めることにいたしました。そして、LPIC-3の体系を、従来のLPIC-3 301試験というベース試験とLPIC-3 302試験・303試験・304試験の3つの専門試験で構成される体系から、一つの体系に変更することになりました。LPICの全体構成としては、LPIC-1、LPIC-2、LPIC-3 Core、LPIC-3 Specialtyの4階層からLPIC-1、LPIC-2、LPIC-3という3階層の体系に整理することになりました。
背景その3) 試験範囲に含まれる技術のバージョンアップ
301試験と302試験のリリースから6年が経過し、それらの試験範囲に含まれるOpenLDAPやSambaがバージョンアップして機能的にも大きく変わって来ました。それに合わせて出題範囲の見直しを行った結果、これらを統合した300試験を開発することになり、これに合わせて従来の301試験と302試験は廃止することに致しました。ただし、受験をされる方への負担を軽減するために、新試験の配信が始まりましても、ある一定期間は従来の試験と新試験の両方を配信致します。

体系変更の概要

LPICの3つのレベル(2014年1月1日以降)

改訂後は下記のとおりとなります。

 今回の体系変更は、サーバ環境の変化、サーバの高性能化・大規模化が進み、LPIC-2/3のエンジニアに求められる技術が変わってきていることにより、試験の見直しが必要となったことが背景です。特に、LPIC-2のレベルのエンジニアに求められる技術力がより高度化し、サービスレベルでのLDAPの知識やキャパシティプランニングの知識などは、LPIC-2の認定者に求められるようになりました。
 今回、LPIC-2 (201試験 および 202試験)の出題範囲が改訂される他、 LPIC-3に「300試験」が新設され、301試験 (Core) および 302試験 (Mixed Environment) が廃止されます。また、LPIC-3のCoreが無くなります。よって、LPIC-3 Coreに認定されるために301試験 (Core) を取得する必要がなくなり、「300試験」または「303試験」または「304試験」に合格すればLPIC-3認定を取得することができるようになります。301試験と302試験はいずれ廃止されますが、廃止されるまでは、LPIC-3 302 Mixed Environment の認定を受けるためには、従来どおり301試験に合格する必要があります。
 今回の体系変更により、受験者の皆様にとっては、最新かつ最も市場に必要とされている重要なスキルを修得することができるようになります。また、LPIC-2の認定者の方にとっては、LPIC-3試験のいずれかひとつ(300試験または303試験または304試験に合格すれば、LPIC-3の認定を取得することができるようになります。

体系変更の主な変更点は下記です。

  • 「301試験」と「302試験」の出題範囲は「LPIC-2」と「300試験」に配分されます。
  • 「キャパシティプランニング」と「OpenLDAP」の基礎の一部がLPIC-2に移動します。202試験に基本的なSambaとOpenLDAPの内容が含まれることになるため、300試験においては、OpenLDAPの設定に関する基本的な知識やスキルがあることが前提となります。
  • その他の301/302試験の出題範囲が300試験にマージされます。
  • 300試験の出題範囲に、「Samba4」、「 Kerberos」、 「FreeIPA」が追加されます。
  • 「トラブルシューティング」はひとつの主題として成立させるのではなく、各出題範囲に沿った形で出題されるようになります。トラブルシューティングの出題範囲が明確となることにより、出題範囲に沿って学習がしやすくなり、また、効率的にコースウェアや教材の開発をすることができるようになります。

出題範囲の変更点

  • LPICレベル2(Ver4.0)
  • LPICレベル3 300試験(Ver1.0)
LPICレベル2(Ver4.0)

出題範囲の概要

  • 201試験では、サーバのスケーリング、メンテナンス、そしてトラブルシューティングに焦点を当てています。
  • 202試験では、主要なネットワークサービスのほかに、システムとネットワークのセキュリティにも焦点を当てています。
  • キャパシティプランニングでは、障害を回避するためのリソースの利用状況のモニタリングだけでなく、障害のあるシステムの調査とトラブルシューティングにも焦点を当てています。
  • Linuxのカーネルは成熟しモジュール化されてきているため、コンパイルや、特にカーネルにパッチをあてるなどの出題範囲の比重を減らしました。一方、udev など、カーネルとそのコンポーネントのランタイムの制御は重要度を高めました。
  • LILOは、ISOLINUX や PXELINUX といったその他のローダのひとつとして扱います。
  • 「iSCSI」と「SMARTディスクモニタリング」を追加しました。
  • OpenLDAPサーバのセットアップや使い方に関する基本的な項目の多くを301試験から202試験に移しました。
  • 「Apache」に関する出題範囲は、一般的なApacheの設定とHTTPSの設定の二つに分けました。 また、Webサーバとリバースプロキシの両方として爆発的な成長を遂げた「Nginx」を202試験に含めました。
  • 「Sendmail」は Postfix が普及してきたことにより、問われるレベルを知っているかどうかのレベルに下げました。 統計調査においてメールサーバでの Sendmail の占める割合は13%を下回る一方、Postfix の占める割合は約23%となっており、出題範囲にはPostfix の設定のみを含めました。
  • 「OpenVPN」は、201試験の「高度なネットワーキング」の出題範囲から、202試験の「システムセキュリティ」に移動しました。

Ver3.5の出題範囲とVer4.0の出題範囲の比較

201試験 詳細な出題範囲 日本語 英語
  201試験(Ver3.5) 201試験(Ver4.0) ※2014年1月1日より
主題 内容
200:キャパシティプランニング -
  1. 200.1リソースの使用率の測定とトラブルシューティング
  2. 200.2将来のリソース需要を予測する
201:Linuxカーネル
  1. 201.1 カーネルの構成要素
  2. 201.2 カーネルのコンパイル
  3. 201.3 カーネルへのパッチ適用
  4. 201.4 カスタムカーネルおよびカーネルモジュールのカスタマイズ、構築、インストール
  5. 201.5 実行時におけるカーネルおよびカーネルモジュールの管理/照会
  1. 201.1 カーネルの構成要素
  2. 201.2 Linuxカーネルのコンパイル
  3. 201.3 カーネル実行時における管理とトラブルシューティング
202:システムの起動
  1. 202.1 システムの起動とブートプロセスのカスタマイズ
  2. 202.2 システムを回復する
  1. 202.1 SysV-init システムの起動をカスタマイズする
  2. 202.2 システムのリカバリ
  3. 202.3 その他のブートローダ
203:ファイルシステムとデバイス
  1. 203.1 Linuxファイルシステムを操作する
  2. 203.2 Linuxファイルシステムの保守
  3. 203.3 ファイルシステムを作成してオプションを構成する
  4. 203.4 udevでのデバイス管理
  1. 203.1 Linuxファイルシステムを操作する
  2. 203.2 Linuxファイルシステムの保守
  3. 203.3 ファイルシステムを作成してオプションを構成する
204:高度なストレージ管理
  1. 204.1 RAIDを構成する
  2. 204.2 記憶装置へのアクセス方法を調整する
  3. 204.3 論理ボリュームマネージャ
  1. 204.1 RAIDを構成する
  2. 204.2 記憶装置へのアクセス方法を調整する
  3. 204.3 論理ボリュームマネージャ
205:ネットワーク構成
  1. 205.1 基本的なネットワーク構成
  2. 205.2 高度なネットワーク構成とトラブルシューティング
  3. 205.3 ネットワークの問題を解決する
  4. 205.4 システム関連の問題をユーザに通知する
  1. 205.1 基本的なネットワーク構成
  2. 205.2 高度なネットワーク構成
  3. 205.3 ネットワークの問題を解決する
206:システムの保守
  1. 206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする
  2. 206.2 バックアップ操作
  1. 206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする
  2. 206.2 バックアップ操作
  3. 206.3 システム関連の問題をユーザに通知する
207:ドメインネームサーバ
  1. 207.1 DNSサーバの基本的な設定
  2. 207.2 DNSゾーンの作成と保守
  3. 207.3 DNSサーバを保護する
-
202試験 詳細な出題範囲 日本語 英語
  202試験(Ver3.5) 202試験(Ver4.0) ※2014年1月1日より
主題 内容
207:ドメインネームサーバ -
  1. 207.1 DNSサーバの基本的な設定
  2. 207.2 DNSゾーンの作成と保守
  3. 207.3 DNSサーバを保護する
208:Webサービス
  1. 208.1 Webサーバの実装
  2. 208.2 Webサーバの保守
  3. 208.3 プロキシサーバの実装
  1. 208.1 Apacheの基本的な設定
  2. 208.2 HTTPS向けのApacheの設定
  3. 208.3 キャッシュプロキシとしてのSquidの実装
  4. 208.4 WebサーバおよびリバースプロキシとしてのNginxの実装
209:ファイル共有
  1. 209.1 Sambaサーバの設定
  2. 209.2 NFSサーバの設定
  1. 209.1 Sambaサーバの設定
  2. 209.2 NFSサーバの設定
210:ネットワーククライアントの管理
  1. 210.1 DHCPの設定
  2. 210.2 PAM認証
  3. 210.3 LDAPクライアントの利用方法
  1. 210.1 DHCPの設定
  2. 210.2 PAM認証
  3. 210.3 LDAPクライアントの利用方法
  4. 210.4 OpenLDAPサーバの設定
211:電子メールサービス
  1. 211.1 電子メールサーバの使用
  2. 211.2 ローカルの電子メール配信を管理する
  3. 211.3 リモートの電子メール配信を管理する
  1. 211.1 電子メールサーバの使用
  2. 211.2 ローカルの電子メール配信を管理する
  3. 211.3 リモートの電子メール配信を管理する
212:システムのセキュリティ
  1. 212.1 ルータを構成する
  2. 212.2 FTPサーバの保護
  3. 212.3 セキュアシェル(SSH)
  4. 212.4 TCPラッパー
  5. 212.5 セキュリティ業務
  1. 212.1 ルータを構成する
  2. 212.2 FTPサーバの管理
  3. 212.3 セキュアシェル (SSH)
  4. 212.4 セキュリティ業務
  5. 212.5 OpenVPN
213:トラブルシューティング
  1. 213.1 ブート段階の識別とブートローダのトラブルシューティング
  2. 213.2 一般的な問題を解決する
  3. 213.3 システムリソースの問題を解決する
  4. 213.4 環境設定の問題を解決する
-
LPICレベル3 300試験(Ver1.0)

出題範囲の概要

  • 300(Mixed Environment)試験では、Windows、UNIX、Linuxシステムが混在するネットワーク環境で必要とされる重要なスキルに焦点を当てています。
    これは既存の302試験の出題範囲に高度なOpenLDAPのトピックを含めたものです。
  • 300試験では、Samba 3.6 と Samba 4の両方のドメイン機能とツールを含めることにより、 Samba を包括的にカバーします。
    Samba 3.6 の設定は従来どおり重要なトピックです。Samba 4 の追加により、 「アクティブディレクトリ ドメインコントローラ」を重要なトピックとして追加しました。
  • Samba4では、特に、ネームサービス(DNS)のメンテナンスや、ユーザとグループの管理だけでなく、アクティブディレクトリ ドメインコントローラのセットアップが重要なトピックとなります。
    試験問題においては、Samba3 または Samba4 のどちらのバージョンを対象としているかを指定して出題します。指定が無い場合には、両方のバージョンに当てはまる問題となります。
  • OpenLDAP には、レプリケーション、セキュリティとパフォーマンスチューニングを含む301試験の範囲の中の高度なトピックが出題されます。
    LDAPの統合の大部分は外し、PAM、NSS、AD(Active Directory)、そしてKerberos の統合を追加しました。「LDAPと各種UNIXサービスによる統合」と、「NISからLDAPへの移行」は出題範囲から外しました。

301試験/302試験の出題範囲と300試験の出題範囲の比較

詳細な出題範囲 日本語 英語
301試験 / 302試験(Ver1.0) 300試験(Ver1.0) ※2014年1月1日より
主題 内容 主題 内容
301:概念、アーキテクチャおよび設計
  1. 301.1 LDAPの概念とアーキテクチャ
  2. 301.2 ディレクトリ設計
  3. 301.3 スキーマ
390: OpenLDAP の設定
  1. 390.1 OpenLDAPのレプリケーション
  2. 390.2 ディレクトリの保護
  3. 390.3 OpenLDAPサーバのパフォーマンスチューニング
302:インストールおよび開発
  1. 302.1 OpenLDAPのコンパイルとインストール
  2. 302.2 Perl/C++を使ったLDAP向け開発
391:認証のバックエンドとしてのOpenLDAP
  1. 391.1 PAMおよびNSSとLDAPの統合
  2. 391.2 アクティブディレクトリおよびKerberosとLDAPの統合
303:設定
  1. 303.2 LDAPにおけるアクセス制御リスト
  2. 303.3 LDAPレプリケーション
  3. 303.4 ディレクトリのセキュリティ
  4. 303.5 LDAPサーバのパフォーマンスチューニング
  5. 303.6 OpenLDAPデーモンの設定
392: Sambaの基礎
  1. 392.1 Sambaの概念とアーキテクチャ
  2. 392.2 Sambaを設定する
  3. 392.3 Sambaの保守
  4. 392.4 Sambaのトラブルシューティング
  5. 392.5 国際化
304:使用法
  1. 304.1 ディレクトリの検索
  2. 304.2 LDAPコマンドラインのツール
  3. 304.3 ホワイトページ
393: Sambaの共有の設定
  1. 393.1 ファイルサービス
  2. 393.2 Linuxファイルシステムと共有/サービスのパーミッション
  3. 393.3プリントサービス
305:統合と移行
  1. 305.1 PAMとNSSのLDAP統合
  2. 305.2 NISからLDAPへの移行
  3. 305.3 LDAPと各種UNIXサービスの統合
  4. 305.4 LDAPとSambaの統合
  5. 305.5 LDAPとActive Directoryの統合
  6. 305.6 LDAPと電子メールサービスの統合
394: Sambaのユーザとグループの管理
  1. 394.1ユーザアカウントとグループアカウントの管理
  2. 394.2 認証と許可およびWindbind
主題306:キャパシティプランニング
  1. 306.1 リソース使用率を測定する
  2. 306.2 リソースの問題をトラブルシューティングする
  3. 306.3需要を分析する
  4. 306.4 将来のリソース需要を予測する
395: Sambaのドメイン統合
  1. 395.1 SambaのPDCとBDC
  2. 395.2 Samba4のAD互換ドメインコントローラ
  3. 395.3 Sambaをドメインメンバーサーバとして設定する
310:概念、アーキテクチャおよび設計
  1. 310.1 概念、アーキテクチャ、および設計
  2. 310.2 Sambaの役割
  3. 310.3簡易データベース(TDB)ファイル
  4. 主題311:Sambaのコンパイルとインストール
  5. 311.1 ソースからのconfigureとビルド
  6. 311.2 Sambaのインストールとアップグレード
396: Sambaのネームサービス
  1. 396.1 NetBIOSとWINS
  2. 396.2 アクティブディレクトリの名前解決
312:Sambaの設定と使用法
  1. 312.1 Sambaを設定する
  2. 312.2 ファイルサービス
  3. 312.3 プリントサービス
  4. 312.4 ドメインコントロール
  5. 312.5 SWATの設定
  6. 312.6 国際化
397: LinuxおよびWindowsクライアントの操作
  1. 397.1 CIFS連携
  2. 397.2 Windowsクライアントの操作
313:ユーザとグループの管理
  1. 313.1 ユーザアカウントとグループアカウントの管理
  2. 313.2 認証と許可
  3. 313.3 Winbind
- -
314:CIFS、NetBIOS、およびActive Directoryとの連携
  1. 314.1 CIFS連携
  2. 314.2 NetBIOSとWINS
  3. 314.3 Active Directoryとの統合
  4. 314.4 Windowsクライアントの操作
- -
315:セキュリティとパフォーマンス
  1. 315.1 Linuxファイルシステムと共有/サービスパーミッション
  2. 315.2 Sambaセキュリティ
  3. 315.3 パフォーマンスチューニング
- -

FAQ(よくあるご質問)

Q1.
体系変更後は、「Core」は無くなるのですか?
A1.
はい、無くなります。300試験、303試験、304試験のいずれかに合格すれば、LPIC-3の認定を取得できるようになります。(認定証にはLPIC-3 SpecialtyXXXXXと記載されます。)
Q2.
体系変更後の認定名はどのようになりますか?
A2.
300試験に合格した場合:LPIC-3 Specialty Mixed Environment
303試験に合格した場合:LPIC-3 Specialty Security
304試験に合格した場合:LPIC-3 Specialty Virtualization & High Availability
※)上記すべての認定は「有意なLPIC-2を保有していること」が前提。
※)体系変更前に取得した認定の名前は変更になりません。
Q3.
LPIC-3の体系変更に伴い、LPIC-2の出題範囲も変更になりますが、バージョン名は変更になりますか?
A3.
はい、LPIC-2のバージョン名は、現行の「Ver3.5」から変更になります。
変更後のバージョン名は「Ver4.0」となり、リリースされる300試験のバージョン名は「Ver1.0」となります。
Q4.
301試験と302試験はいつまで受験できますか?
A4.
2014年3月31日まで受験できます。
Q5.
LPIC-2(Ver3.5)はいつまで受験できますか?
A5.
LPIC-2(Ver4.0)がリリースされる前日まで受験ができます。
Q6.
LPIC-2(Ver4.0)と300試験のグローバル配信と日本の配信のリリース時期がずれることはあり得ますか?
A6.
2013年10月に「英語版の300試験」が、2013年11月に「英語版のLPIC-2(Ver4.0)」がグローバルでリリースされました。
日本では、「日本語版」も「英語版」も、LPIC-2(Ver4.0)と300試験が「2014年1月1日」から受験できるようになります。
Q7.
新試験(300試験)の受験料はいくらになりますか?
A7.
30,000円(消費税抜)です。
Q8.
今回の出題範囲の改訂により、LPIC-1とLPIC-2の難易度の差が広がりますか? 300試験、303試験、304試験に難易度の差はありますか?
A8.
出題範囲の広さや分野の違いと難易度は比例いたしません。それぞれのレベルのスキルを判定するために必要な問題を出題することを重視しており、難易度は計量心理学を導入して適正に設定しています。
Q9.
テストセンターで受験を予約する時にバージョン名は分かるのですか?
A9.
LPICはバージョン別の認定ではありませんので、予約時にバージョン名は表示されません。
Q10.
古いバージョンの201試験に合格している場合に、新バージョン(Ver4.0)の202試験に合格されたら、LPIC-2に認定されますか?
A10.
はい、認定されます。
Q11.
有意な旧バージョン(Ver3.5以前)のLPIC-2認定を保有している場合に、300試験を受験すれば、LPIC-3 Specialty Mixed Environment に認定されますか?
A11.
はい、認定されます。但し300試験は、301試験の出題範囲からLPIC-2(Ver4.0)に移行した部分についての知識やスキルが無いと合格できない内容なので、差分の学習が必要になるでしょう。
Q12.
301試験に合格していない(LPIC-3 Core認定を保有していない)状態で302試験に合格している受験者は、改訂後はどのような扱いになりますか?
A12.
300試験または301試験に合格すれば、LPIC-3 302 Specialty Mixed Environment に認定されます。
Q13.
301試験に合格していない(LPIC-3 Core認定を保有していない)状態で303試験または304試験に合格している受験者は、改訂後はどのような扱いになりますか?
A13.
LPIC-3の体系が改訂された時点で、LPIC-3に認定されます。但し、有意性の期限は、過去に遡って、303試験または304試験に合格した時点から5年間となります。
Q14.
「LPIC-3 Core」と「LPIC-3 Specialty LPI-302 Mixed Environment」の認定はいつまで有効ですか?
A14.
認定された事実は変わりません。しかし、認定の有意性の期限は、認定された日から5年間です。
Q15.
LPIC-1や303試験や304試験の出題範囲改訂の変更はありますか?
A15.
技術動向にあわせて、適正なタイミングで主題範囲を改訂してまいります。
今回の改訂後のバージョン番号は下記のとおりとなります。
  • ・LPIC-1の101/102:Ver3.5(現状どおり)
  • ・LPIC-2の201/202:Ver4.0
  • ・LPIC-3の300:Ver1.0
  • ・LPIC-3の303:Ver1.0(現状どおり)
  • ・LPIC-3の304:Ver1.0(現状どおり)
Q16.
旧バージョン対応の認定教材で、新バージョンの試験対策は対応していますか?
A16.
新バージョンのレベル2対策としては、旧バージョンのレベル2と301の教材を学習するとよいでしょう。
300試験対策については、301と302対応の教材を学習し、バージョンの違いを追加で学ぶとよいでしょう。
Q17.
ベータ試験の予定はありますか?
A17.
日本ではベータ試験の実施の予定はありません。
Q18.
認定者用のロゴですが、複数のLPIC-3の認定を取得した場合、どのようなロゴになりますか?
A18.
複数のLPIC-3の認定を取得した場合は、取得した認定に応じて、下記のロゴを利用してください。
1試験合格 LPIC-3 Specialty Mixed Environment のみに認定されている場合
(300試験合格)
LPIC-3 Specialty Security のみに認定されている場合
(303試験合格)
LPIC-3 Specialty Virtualization & High Availability のみに認定されている場合
(304試験合格)
2試験合格 LPIC-3 Specialty Mixed Environment と LPIC-3 Specialty Security に認定されている場合
(300試験と303試験に合格)
LPIC-3 Specialty Mixed Environment と LPIC-3 Specialty Virtualization & High Availability に認定されている場合
(300試験と304試験に合格)
LPIC-3 Specialty Security と LPIC-3 Specialty Virtualization & High Availability に認定されている場合
(303試験と304試験に合格)
3試験合格 LPIC-3 Specialty Mixed Environment と LPIC-3 Specialty Security と LPIC-3 Specialty Virtualization & High Availability に認定されている場合
(300試験と303試験と304試験に合格)

ロゴデータのダウンロードページはこちら

※) LPIC認定者は上記の認定者ロゴを下記の範囲内で使用することができます。
a) 名刺や個人ホームページ、レターヘッド、履歴書での適正な使用
b) 認定レベルに対応した色(下記)のロゴを上記のものに使用し、レベルを明記する
※) LPIC-3認定者の資格の表示名は下記を使用してください。
LPICレベル3Specialty認定エンジニア
または
LPI Linux技術者認定資格レベル3 Specialty認定エンジニア

このページのトップへ