HOMEプレスリリースLPI-Japan、「Linuxセキュリティ標準教科書」を公開、無償での配布を開始 〜最低限必要となるセキュリティの知識を体系的に学びたい方に最適な教科書〜

プレスリリース

プレスリリース2013.10.01

Yahoo!ブックマークに登録

LPI-Japan、「Linuxセキュリティ標準教科書」を公開、無償での配布を開始
〜最低限必要となるセキュリティの知識を体系的に学びたい方に最適な教科書〜

報道関係各位

LPI-Japan、「Linuxセキュリティ標準教科書」を公開、無償での配布を開始
〜最低限必要となるセキュリティの知識を体系的に学びたい方に最適な教科書〜

 OSS/Linux技術者認定機関として「LPIC」および「OSS-DB技術者認定制度」を実施する特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(以下:LPI-Japan、東京都港区、理事長 成井 弦、www.lpi.or.jp)は、OSS/Linuxの技術者育成・教育のための教材「Linuxセキュリティ標準教科書」を公開したことを発表しました。本教材は、PDF版、EPUB版、Kindle版、書籍版での提供となり、PDF版とEPUB版は10月1日(火)より、LPI-Japan公式HPで無料にてダウンロード可能(※1)です。

 現在、多くのシステムにおいてLinuxはサーバOSとして採用されています。大手調査会社IDC-Japanの調査レポート(※2)においても、2013年度にはサーバOSのシェアとして第2位の市場を獲得するとともに、2017年までにさらなる成長が期待されているとあるように、すでにLinuxを採用することは特別なことではなくシステム構築においてスタンダードな選択肢です。

 そのような中、標的型攻撃をはじめとしたサイバー攻撃は年々高度化しており、Linuxシステムおいても高いセキュリティレベルの確保、またセキュアなLinuxシステムを構築することのできるスキルを持った人材の育成は優先度の高い課題の一つです。

 「Linuxセキュリティ標準教科書」はLinuxにおけるセキュリティを学習・再認識するために最低限必要となる知識を体系的にまとめた内容となっています。LPI-Japanでは、本教材の無償提供により教育機関や企業研修でのOSS/Linuxにおけるセキュリティ教育の質向上の一助となることを目的としています。

 なお、本教材は、セキュアなシステム設計・サーバ構築のスキルを認定する「LPICレベル3 303試験(LPI - 303 Security Exam)(※3)」の教育および学習にも役立ちます。

※1 公開URL:http://www.lpi.or.jp/linuxtext/security.shtml
   製本版およびKindle版は有償となります。

※2 IDC-Japan株式会社 2013年8月7日発表
   「国内システムソフトウェア市場 2012年の分析と2013年〜2017年の予測」より

※3 URL:http://www.lpi.or.jp/examination/level303.shtml

■ Linuxセキュリティ教科書概要 ■

<基本情報>

タイトル
:『Linuxセキュリティ標準教科書』
著者
:伊本貴士、面和毅、藤森健、小石川雅紀、安田恭行、嶋中賢佑
配信開始日
: 2013年10月1日(火)より
提供価格
: 無料
データ形式
: PDF<合計:180頁> / EPUB<合計:6.5MB>
言語
: 日本語
公開URL
http://www.lpi.or.jp/linuxtext/security.shtml

<テキストの構成>

  1. 1章 はじめに〜セキュリティに関わる問題の原因と対策〜
  2. 2章 Linuxサーバにおけるセキュリティ基本チェック
  3. 3章 iptablesによるパケットフィルタリング
  4. 4章 SELinux
  5. 5章 ACL
  6. 6章 OpenSSHによるサーバアクセスと、サーバ管理
  7. 7章 セキュリティツールによる改ざん検知と侵入検知
  8. 8章 セキュリティスキャンツールによる脆弱性のチェック
  9. 9章 WEBサーバ(apache)におけるセキュリティ

本教材はクリエイティブコモンズライセンス(※4)に基づき公開されます。
本教材は、最新の技術動向に対応するため、随時アップデートを行っていきます。
また、テキスト作成やアップデートについては、意見交換のWikiサイトにて誰でもオープンに参加できます。

【WikiサイトURL】
http://www.lpi.or.jp/linuxtext/security/

●参考URL

Linux標準教科書
: http://www.lpi.or.jp/linuxtext/text.shtml
Linuxサーバー構築標準教科書
: http://www.lpi.or.jp/linuxtext/server.shtml
高信頼システム構築標準教科書
: http://www.lpi.or.jp/linuxtext/system.shtml
オープンソースデータベース標準教科書
: http://www.oss-db.jp/ossdbtext/text.shtml

※4 クリエイティブコモンズライセンスの詳細は下記URLをご参照ください。
http://creativecommons.jp/licenses/

登録商標

Linux Professional Institute Japan及びLPI-Japan は、特定非営利活動法人 エルピーアイジャパンの登録商標です。
Linux はLinus Torvalds の登録商標です。
文中に記載されているその他すべての商標は、それぞれの所有者に所有権が属しています。

本リリースのお問い合わせ先

LPI-Japan事務局
電話番号
FAX番号
03-3568-4482
03-3568-4483
URL http://www.lpi.or.jp/
E-mail press@lpi.or.jp

LPI-Japanについて

LPI-Japanは、日本での OSS/Linuxの技術力認定試験の普及とOSS/Linux技術者の育成のため、2000年7月に設立されたNPO法人です。
LPI-Japanは、Linux技術者の技術力の認定制度「LPIC」などのIT技術者の技術力の認定制度を中立公正な立場で公平かつ厳正に運営することを通じて、日本におけるOSS/Linux技術者の育成、さらにはOSS/Linuxビジネスの促進に寄与する活動を展開しています。

LPI-Japanの概要

法人名 特定非営利活動法人 エルピーアイジャパン
所在地 〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-9 CR神谷町ビル 7F
連絡先 TEL:03-3568-4482、FAX:03-3568-4483、e-mail:info@lpi.or.jp
設立 2000年(平成12年)7月28日
業務内容 OSS/Linuxの普及・推進、OSS/Linux技術者認定試験の実施と認定
役員 理事長 成井 弦
理事
(所属企業名五十音順)
鈴木 敦夫 NECソフト株式会社
高橋 千恵子 日本電気株式会社
鈴木 友峰 株式会社日立製作所
橋本 尚 株式会社日立製作所
福地 正夫 富士通株式会社
中野 正彦 ミラクル・リナックス株式会社
丸茂 晴晃 横河電機株式会社
池田 秀一
監事
寺本 振透 九州大学 大学院法学研究院教授
LPI-Japan プラチナ・スポンサー企業名 株式会社アイエスエフネット
株式会社アウトソーシング・システム・コンサルティング
NECソフト株式会社
株式会社エンベックス
株式会社ケンソフト
株式会社コンピュータマネジメント
株式会社ゼウス・エンタープライズ
株式会社ソルクレオ
ターボリナックス株式会社
株式会社デージーネット
日本SGI株式会社
日本電気株式会社
株式会社ピーエイ
株式会社日立製作所
富士通株式会社
ミラクル・リナックス株式会社
株式会社リーディング・エッジ社
リナックスアカデミー
株式会社リンク

以上19社。(2013年10月1日現在)
※五十音順
LPI-Japan アカデミック認定校名 リナックスアカデミー
KEN IT Engineer SCHOOL
パナソニックソリューションテクノロジー株式会社
有限会社ナレッジデザイン
アイティあっとスクール(株式会社アクセスネット)
学校法人電子学園 日本電子専門学校
株式会社日立インフォメーションアカデミー
プロネッツ教育研究所(株式会社プロフェッショナル・ネットワークス)
パソコンスクール ISA
株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー
NECネッツエスアイ株式会社
学校法人麻生塾 麻生情報ビジネス専門学校
ITスクールAxiZ
学校法人 日本コンピュータ学園 東北電子専門学校
学校法人片柳学園 日本工学院専門学校
インターネット・アカデミー
NECラーニング株式会社
キャリアスクール・ソフトキャンパス
ナレッジIT アカデミー(株式会社エレメント)
JJS 新橋ラーニングセンター(株式会社ジェイ・ジェイ・エス)
ゼウス・ラーニングパワー株式会社
CLINKS 株式会社
学校法人湘南ふれあい学園 総合電子専門学校
ナガセキャリアセンター
ECC コンピュータ専門学校
専修学校 国際電子ビジネス専門学校
株式会社メガ・テクノロジー 札幌校
日本オーエー研究所
青山学院大学
学校法人 河合塾学園 トライデントコンピュータ専門学校
クロス・テクノ・ワークス株式会社
名古屋Linuxスクール(有限会社ヤングライフプロポーサル)
スキルブレイン株式会社
株式会社ケイ・シー・シー
日本ヒューレット・パッカード株式会社
株式会社富士通ラーニングメディア
興安計装株式会社
株式会社VSN
株式会社クロスパワー
株式会社スマートバリュー
カチシステムプロダクツ株式会社
ジャパンラーニング株式会社

以上43団体43拠点。(2013年10月1日現在)
※加入順
LPI-Japan ビジネスパートナー企業名 デル株式会社
株式会社アルク
株式会社ホンダヱンジニアリング
オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社
SRA OSS, Inc. 日本支社
メイド・イン・ジャパン・ソフトウェア・コンソーシアム
ノベル株式会社
ユニアデックス株式会社
株式会社テイクス
ジスクソフト株式会社
株式会社マリノ
株式会社プログデンス
オリゾンシステムズ株式会社
アーウィン株式会社
The Linux Foundation
日本システムウエア株式会社
株式会社NTTドコモ
株式会社リブラス
メディアスケッチ株式会社
株式会社アイテック
株式会社ユー・エス・エル
Ping-t 【学習サイト】
サイオステクノロジー株式会社
SETソフトウェア株式会社
株式会社オークニー
エンタープライズDB株式会社
さくらインターネット株式会社
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
株式会社ホロンテクノロジー
GMOインターネット株式会社
株式会社GFD
ファーザーシステム株式会社
TIS株式会社
株式会社ガイアックス
株式会社スカイアーチネットワークス
株式会社CIJネクスト
株式会社メトロシステムズ
カチシステムプロダクツ株式会社
ハマゴムエイコム株式会社
株式会社オープンソース・ビジネスアプリケーションズ
株式会社リナックス・ネットワーク
トレンドワークス株式会社
テクノバン株式会社
株式会社ヒューマンインタラクティブテクノロジー
株式会社コーソル
株式会社インフォメーションポート
株式会社BFT
株式会社ネットケアサービス

以上49社。(2013年10月1日現在)
※加入順

このページのトップへ