HOMEプレスリリースLPI-Japan、株式会社ホロンテクノロジーのLPI-Japanビジネスパートナー制度への参加を発表

プレスリリース

プレスリリース2012.05.21

LPI-Japan、株式会社ホロンテクノロジーの
LPI-Japanビジネスパートナー制度への参加を発表

報道関係各位

LPI-Japan、株式会社ホロンテクノロジーの
LPI-Japanビジネスパートナー制度への参加を発表

 OSS/Linux技術者認定機関として「LPIC」および「OSS-DB 技術者認定」を実施する特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(以下:LPI-Japan、東京都千代田区、理事長 成井 弦、www.lpi.or.jp)は、株式会社ホロンテクノロジー(以下:ホロンテクノロジー、東京都中央区、代表取締役社長 峯下 恒美、http://www.holontec.co.jp/)が、「LPI-Japanビジネスパートナー制度(※1)」に参加したことを発表しました。

 ホロンテクノロジーは、電子商取引用ミドルウェアーソフト(ACMS)の開発・販売を行うDAL(データアプリケーション)の保守部門として発足。
 現在はオープンソースソフトウェアを活用した低コストでの開発と、技術力をいかした高品質なサポート体制に定評がある企業です。24時間365日のサポート対応、また2,900サイト 1,000ユーザの保守実績をもち、中でもHinemosR(※2)やRedmine(※3)を活用した企業内システム運用管理ソリューションの構築、運用を得意としています。

 ホロンテクノロジーでは既に、LPICをはじめLinuxに関する知識習得の推進を支援しています。今回のビジネスパートナー参加は自社のOSS/Linux関する技術力の証明だけでなく、既に実績のあるHinemosRをはじめとしたオープンソースソフトウェアの普及活動や開発コミュニティへの積極的な貢献、また自社の取り組みの認知度向上を目的としています。

 LPI-Japanでは、セミナー/勉強会の実施やLPIC/OSS-DB資格保有者への情報発信などを通じて、ホロンテクノロジーの持つ知見をIT技術者へ共有し、オープンソースソフトウェアの品質向上や普及に貢献いたします。

●コメント

株式会社ホロンテクノロジー
代表取締役社長 峯下 恒美 氏

 当社は主に企業内システム運用管理の領域における、オープンソースソリューションに関する高品質なサポートサービスを提供させて頂いております。
 当社ではオープンソースソリューションの活用集団として、オープンソースに関連する最新の動向やLPI-Japan主催の資格制度など、より多くの情報交換の機会を得ることを大いに期待し、この度LPI-Japanビジネスパートナー制度へ参加を致しました。
 LPI-Japanビジネスパートナー制度の参加を経て、得られた情報を当社サービスへ効率的にフィードバックし、サービス運用における更なる品質向上を目指すと共に、オープンソースのプロフェッショナル集団として、オープンソースのより一層の発展と普及に寄与できるよう尽力していきます。

※1 ビジネスパートナー制度について
LPI-Japanでは、ビジネスパートナー参加企業への活動として、Linux/OSS Business Summitをはじめ、年間数十回ほど開催される各種セミナーにおいて企業名の露出や、ビジネスパートナー主催セミナーへの集客協力など、積極的な活動を展開して実績をあげています。
同制度の具体的な活動内容については、下記URLの情報を参照願います。
http://www.lpi.or.jp/bp/
LPI-Japanビジネスパートナー企業の情報は次のとおりです。
http://www.lpi.or.jp/bp/list/

※2 HinemosR(ヒネモス)
NTTデータの提供するシステムの運用管理を目的としたオープンソースソフトウェア

※3 Redmine(レッドマイン)
Webベースのプロジェクト管理用オープンソースソフトウェア。

登録商標

Linux Professional Institute Japan及びLPI-Japan は、特定非営利活動法人 エルピーアイジャパンの登録商標です。
Linux はLinus Torvalds の登録商標です。
文中に記載されているその他すべての商標は、それぞれの所有者に所有権が属しています。

本リリースのお問い合わせ先

LPI-Japan事務局
電話番号
FAX番号
03-3261-3660
03-3261-3661
URL http://www.lpi.or.jp/
E-mail press@lpi.or.jp

LPI-Japanについて

LPI-Japanは、日本での OSS/Linuxの技術力認定試験の普及とOSS/Linux技術者の育成のため、2000年7月に設立されたNPO法人です。
LPI-Japanは、Linux技術者の技術力の認定制度「LPIC」などのIT技術者の技術力の認定制度を中立公正な立場で公平かつ厳正に運営することを通じて、日本におけるOSS/Linux技術者の育成、さらにはOSS/Linuxビジネスの促進に寄与する活動を展開しています。

LPI-Japanの概要

法人名 特定非営利活動法人 エルピーアイジャパン
所在地 〒102-0082 東京都千代田区一番町15 一番町コート6F
連絡先 TEL:03-3261-3660、FAX:03-3261-3661、e-mail:info@lpi.or.jp
設立 2000年(平成12年)7月28日
業務内容 OSS/Linuxの普及・推進、OSS/Linux技術者認定試験の実施と認定
役員 理事長 成井 弦
理事
高橋 千恵子 日本電気株式会社
鈴木 敦夫 NECソフト株式会社
鈴木 友峰 株式会社日立製作所
福地 正夫 富士通株式会社
中野 正彦 ミラクル・リナックス株式会社
丸茂 晴晃 横河電機株式会社
池田 秀一
橋本 尚 株式会社日立製作所
監事
寺本 振透 九州大学 大学院法学研究院教授
LPI-Japan プラチナ・スポンサー企業名 株式会社アイエスエフネット
株式会社アウトソーシング・システム・コンサルティング
NECソフト株式会社
株式会社ケンソフト
株式会社コンピュータマネジメント
株式会社ゼウス・エンタープライズ
株式会社ソルクレオ
ターボリナックス株式会社
株式会社デージーネット
日本SGI株式会社
日本電気株式会社
株式会社ピーエイ
株式会社日立製作所
富士通株式会社
ミラクル・リナックス株式会社
株式会社リーディング・エッジ社
リナックスアカデミー
株式会社リンク

以上18社。(2012年5月21日現在)
※五十音順
LPI-Japan アカデミック認定校名 リナックスアカデミー
KEN IT Engineer SCHOOL
株式会社日立ソリューションズ
パナソニックIT カレッジ ビジカル
有限会社ナレッジデザイン
アイティあっとスクール(株式会社アクセスネット)
学校法人電子学園 日本電子専門学校
株式会社日立インフォメーションアカデミー
プロネッツ教育研究所(株式会社プロフェッショナル・ネットワークス)
パソコンスクール ISA
株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー
NECネッツエスアイ株式会社
学校法人麻生塾 麻生情報ビジネス専門学校
ITスクールAxiZ
学校法人 日本コンピュータ学園 東北電子専門学校
学校法人片柳学園 日本工学院専門学校
インターネット・アカデミー
NECラーニング株式会社
キャリアスクール・ソフトキャンパス
ナレッジIT アカデミー(株式会社エレメント)
JJS 新橋ラーニングセンター(株式会社ジェイ・ジェイ・エス)
株式会社ゼウス・エンタープライズ 技術開発センター
CLINKS 株式会社
学校法人湘南ふれあい学園 総合電子専門学校
ナガセキャリアセンター
ECC コンピュータ専門学校
専修学校 国際電子ビジネス専門学校
株式会社メガ・テクノロジー 札幌校
日本オーエー研究所
青山学院大学
学校法人 河合塾学園 トライデントコンピュータ専門学校
クロス・テクノ・ワークス株式会社
名古屋Linuxスクール(有限会社ヤングライフプロポーサル)
スキルブレイン株式会社
株式会社ケイ・シー・シー
富山OAスクール
Tech Fun.jp
日本ヒューレット・パッカード株式会社
株式会社富士通ラーニングメディア
興安計装株式会社

以上41団体47拠点。(2012年5月21日現在)
※加入順
LPI-Japan ビジネスパートナー企業名 株式会社リンク [AT-LINK 専用サーバ・サービス]
デル株式会社
株式会社アルク
株式会社ホンダヱンジニアリング
オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社
日本ヒューレット・パッカード株式会社
株式会社パソナテック
SRA OSS, Inc. 日本支社
メイド・イン・ジャパン・ソフトウェア・コンソーシアム
ノベル株式会社
ユニアデックス株式会社
株式会社テイクス
ジスクソフト株式会社
株式会社マリノ
株式会社プログデンス
オリゾンシステムズ株式会社
アーウィン株式会社
The Linux Foundation
日本システムウエア株式会社
株式会社NTTドコモ
株式会社リブラス
メディアスケッチ株式会社
株式会社アイテック
株式会社ユー・エス・エル
Ping-t 【学習サイト】
サイオステクノロジー株式会社
SETソフトウェア株式会社
株式会社オークニー
エンタープライズDB株式会社
さくらインターネット株式会社
株式会社マックスネット
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
株式会社ホロンテクノロジー

以上33社。(2012年5月21日現在)
※加入順

このページのトップへ