HOMEイベント『LPICレベル3 304 Virtualization & High Availability(Ver2.0)ベータ試験』受験参加者募集(2014年11月12日)のお知らせ

『LPICレベル3 304 Virtualization & High Availability(Ver2.0)ベータ試験』受験参加者募集(2014年11月12日)のお知らせ

ご案内

2014年春に、新出題範囲の「LPICレベル3 304 Virtualization & High Availability 試験(Ver2.0)」がリリース予定です。
LPIの試験問題は、コミュニティの方々の協力を得て、出題範囲の決定や問題作成がなされており、「LPICレベル3 304試験」もコミュニティの方々の協力を得て試験問題が作成されます。
新出題範囲の「LPICレベル3 304試験」のリリースに先立ち、LPI は世界で「LPICレベル3 304試験(Ver2.0)ベータ試験」を実施します。
全世界で約200人のLinux技術者の参加を予定しており、日本でも、2014年11月12日にベータ試験の開催が決定し、日本で活躍されている技術者の方々の参加を募ることになりました。
ベータ試験を受験される方々の解答や試験内容についてのコメントは、試験問題の妥当性や信頼性の検証のために活用され、本試験の選定に反映されます。
ベータ試験はもちろん通常のLPIC試験と同様に採点され、合格された方は「LPIC-3 Specialty LPI-304 Virtualization & High Availability」に認定されます。(有意な「LPIC-2」認定(※)の認定者であることが条件です。 )

LPICレベル3 304試験(Ver2.0)ベータ試験に参加されたい方は下記の募集要項をご確認の上、ご応募ください。

ベータ試験の応募はこちらからどうぞ click

開催概要

開催日時 2014年11月12日(水) 13:00〜15:50
受付: 13:00〜13:30
オリエンテーション: 13:30〜14:00
試験時間: 14:00〜15:40
アンケート記入: 15:40〜15:50
会場 LPI-Japan事務局 会議室
アクセス http://www.lpi.or.jp/aboutus/about.shtml#access
住所 〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-9 CR神谷町ビル 7F
連絡先 TEL:03-3568-4482
主催 特定非営利活動法人LPI-Japan
受験料 無料
定員 20名(申し込みフォームで事前にお申し込み下さい。応募多数の場合には抽選とさせていただきます。お申込者の方全員に抽選結果を当事務局からご連絡いたします。)

受験資格・注意事項

Level2以上の認定者であることが必須です。
ベータ試験受験料は無料です。
■ NDA(秘密保持規約)に必ずご署名いただきます。
■ 試験内容の調査目的でのご受験希望は固くお断りいたします。
■ ベータ試験は「英語」、「ペーパー試験」で実施されます。
■ 受験科目は「LPICレベル3 304 Virtualization & High Availability(Ver2.0)」ベータ試験です。
■ 持ち物: 有効な写真付証明書
  ※筆記用具は事務局で準備いたします。
  ※詳細は別途ご連絡します。
■ 参加特典

  • 受験料:無料
  • 本ベータ試験に合格された方は「LPIC-3 Specialty LPI-304 Virtualization & High Availability」に認定され、認定証と認定カードが授与されます。(有意な「LPIC-2」認定(※)の保有者であることが条件です。)
    また、すでに304認定を保有されている方が本ベータ試験を受験し合格された場合は、有意性の期限が5年間延長されます。
  • 合格点に達しなかった場合、受験履歴を抹消することができます。
  • LPI-Japanノベルティを進呈いたします。

LPICレベル3 304 Virtualization & High Availability(Ver2.0)ベータ試験の概要

このベータ試験は、参加者の解答結果や試験内容に関するコメントをカナダ本部にて収集・統計・分析し、本試験を創出する目的のために実施されます。
2015年1月以降に合否判定される予定となっており、合否結果はLPI本部から直接ベータ試験の参加協力者の方にメールにてご連絡いたします。ベータ試験に合格された方は「LPIC-3 Specialty LPI-304 Virtualization & High Availability」に認定されます。(有意な「LPIC-2」認定(※)の保有者であることが条件です。)

■受験形式:
ペーパー試験
■言語:
英語試験(試験に関するコメントは日本語でも可能)
■試験科目:
LPICレベル3 304 Virtualization & High Availability 試験(Ver2.0)
■試験時間:
100分
■出題内容
下記URLでLPICレベル3 304 Virtualization & High Availability(Ver2.0)の出題範囲をご覧いただけます。(英語)
http://wiki.lpi.org/wiki/LPIC-304_Objectives_V2
また、出題範囲の変更点のまとめは下記からご覧になれます。(日本語)
LPICレベル3 304試験のVer1とVer2の差分(PDF208KB)

(※)有意な「LPIC-2」認定とは・・・
「LPIC-3 Specialty 304 Virtualization & High Availability」に認定されるためには有意なレベル2の認定を保有しかつ「LPIC-3 304試験」に合格する必要があります。
有意性は認定後5年間保持されます。
●有意性の期限:http://www.lpi.or.jp/examination/attention3.shtml

受験応募方法

申し込みフォームからお申し込みください。
抽選による受験となりますので、抽選結果をEメールにてお知らせいたします。
11月5日(水)にお申込みを締め切り、11月6日(木)に抽選結果を当事務局から全てのお申込者の方にご連絡いたします。

このページのトップへ