HOME特別インタビュー/寄稿記事日本電子専門学校

日本電子専門学校

こちらでは、2007年1月19日と26日に発行のメールマガジン【LPI通信】、【LPICレベル2を受けてみよう!】の寄稿記事の全文を掲載しております。 メールマガジンについての詳細はこちらからどうぞ。

特別インタビュー〜日本電子専門学校『専門学校におけるLinux教育とLPICの活用について』

2007年1月19日

今回のインタビューでは、専門学校として教育カリキュラムにLPICを積極的に取り入れ、LPI-Japanアカデミック認定校でもある日本電子専門学校の教員の方および現役学生の方に、Linux教育についての取り組みとLinux学習の楽しさを伺いました。

学科のカリキュラムにLinuxを取り入れているということですが、現在の状況を教えてください。

1995年のコンピュータネットワーク科設立時に導入し、現在はネットワークセキュリティ科、情報セキュリティ科、2006年に開設されたオープンソースシステム科の4学科でLPICに沿ったLinuxの実習を行っています。他の多くの学科でもLinuxを使用しています。

LPICをどのように活用されていますか?

日本電子専門学校の学生さんと先生

2004年から、LPIC認定校として授業を行うようになりました。専門学校における資格試験は、学生にとって受験のしやすさと企業での認知度が重要です。またベンダー依存を避けたいということもあり、ニュートラルな試験であるLPICを選びました。
カリキュラムとしては、コンピュータネットワーク科を例に説明すると、1年次に101試験と102試験をカバーし、2年次でサーバ構築実習を通してLPICレベル2を一部カバーする学習を行なっています。
入学するまでLinuxを触ったことがない、というような学生も、実習授業でだんだんと面白くなってきて、積極的に学習するようになります。学習が進むと、休み時間にLPIC対策の書籍などを読み始める学生が出てくるので、周囲も影響されて独学で勉強し始めます。けっこう難しい質問をされて、一緒に考えて答えを出す場合も多くなってきました。学生も積極的にLPICに取り組んでいると感じますね。

先日もLPICの一斉試験を実施されたとのことですが。

LPICペーパーテスト実施の様子

学科の授業とは別に「エクステンション」と呼んでいる自由選択授業でLPIC対策を学んだ学生を中心に27名が受験しました。また、個人で受験する学生も多く、着々とLPIC取得者が増えています。コンピュータネットワーク科ネットワークセキュリティ科情報セキュリティ科の最新情報を掲載している“HOTPAGE”という本校のWebサイトに、LPICも含めた資格合格者メッセージへのリンク(2005年度2006年度)を張ってあります。

学生の皆さんに望むのはどのようなことでしょうか?

自らどんどんLinuxを使って欲しいですね。その一環として実習室を改善する際に、業者任せにするのではなく、LANケーブルの製作からLinuxのインストールまで学生さん達と一緒になって新しい実習室を作ったり、整備したりしています。そうやって培った実践感覚が、卒業後の仕事に活かされています。

技能五輪に出場されたそうですね。

情報セキュリティ科2年の板谷郷司君と寺崎勇太君の2名が「ITPCネットワークサポート」という競技職種に参加し、ともに敢闘賞を獲得しました。当校は本職種初参加で、かつ上位入賞をトヨタ自動車鰍ニ潟fンソーの企業参加者が占めた競技だったので苦労しました。コンピュータネットワーク科情報セキュリティ科のHOTPAGEに当日の記事を掲載しています。

お二人から競技の内容や、参加してみての感想を聞かせてください。

情報セキュリティ科2年の板谷郷司君と寺崎勇太君

競技内容は、Linuxを使ってサーバの構築を行うのですが、使用するマシンもパーツがバラバラになっていて、一から組み立てる必要があります。あと使用するネットワークケーブルも、コネクタを圧着して作らなければいけないのですが、コネクタも必要数しかないというシビアさでした。私達は授業で実際にやっていたので、ミスすることはありませんでした。
サーバは、WebサーバとDNS、あとはSambaを使ってドメインコントローラーを構築するというような内容です。事前にわかる出題範囲が非常に広く、実際に出題された内容の3倍以上あるので、出題範囲をカバーするのが大変でした。実践的なLPICの内容を含んだLinux授業の経験がとても役に立ちました。競技参加者の半分ぐらいは社会人の方で、非常にレベルが高い競技だったと思います。

LPICは取得済ですか?

これから取得する予定です。今回の技能五輪参加で思いましたが、LPICにも実技試験があるといいですね。

聞き手:宮原 徹(株式会社びぎねっと)

LPI-Japan事務局より
LPI-Japanアカデミック認定校の日本電子専門学校は、LPICのハンズオン無料セミナーなどイベントでのご協力、学内では学生向けLPIC団体試験を企画されるなど、積極的にLPIの活動にご参加、ご協力とLPICの推奨をして頂いています。
日本電子専門学校にご協力いただいた、セミナー・イベント

その他の特別インタビュー&コラムはこちら

このページのトップへ