HOME特別インタビュー/寄稿記事Linux World Conference & Expo 2005 in San Francisco レポート 第1弾

Linux World Conference & Expo 2005 in San Francisco
レポート 第1弾

Linux World Conference & Expoとは?

2005年8月23日

1999年米国で始まったLinux専門イベントです。日本でも「Linux World Conference & Expo/Tokyo」として1999年から開催されています。
 今夏の米国における「Linux World Conference & Expo」は、2005年8月8日から11日までの4日間、San FranciscoのMoscone Centerで開催されました。
 LPI-Japanの試験開発担当の永野篤が、現地からのレポートをお届けします。

Linux World Conference & Expo 2005 in San Francisco レポート 第1弾

LPIは、Linux Worldのグローバル認定スポンサーとして、展示場にブースを出展しています
LPIは、Linux Worldのグローバル認定スポンサーとして、展示場にブースを出展しています。
LPIのブース
1Fにある、LPIのブースです。初日から大変多くの人がお越しになっていました。
LPICのペーパーテスト
2Fでは、LPICのペーパーテストが実施されました。Linux World の開期中、3日間開催されました。
org.Pavilionと比較的小さめの企業のブース
org.Pavilionと比較的小さめの企業のブースは、2Fに集まっています。 ちょっとだけ、隔離感がありますが、ゆったりと話ができるムードはなかなか良いと思います。
Linux誕生14年を祝ってのピクニックのお誘い
Linux誕生14年を祝ってのピクニックのお誘いです。こんな org. があるんですね。
いくつかのブースにおいてありましたが、カラーで印刷されているのを見て、何故か感激している人もいました。
何故か Linux を搭載した、トースターが
NetBSD のブースでは、何故か Linux を搭載した、トースターが・・。
Linux World に向けて、開発者の方が1週間かけて作ったそうです。
Gentoo Linux
最近、話題の話題のディストリビューション、Gentoo Linuxです。
他のディストリビューションから乗り換えたという彼は、Gentooへの思いを熱く語ってくれました。
**Debian(Debian GNU/Linux)のブース
**Debian(Debian GNU/Linux)のブースでは、4台の異なるメーカーのPCを使用して展示しています。
Fedora Core
org.Pavilionにあった三つ目のディストリビューションは、Fedora Coreでした。
開発にかかわっているこちらのボランティアの方
org. Pavilionです。
エンジニアとして開発にかかわっているこちらのボランティアの方に、LPIC の試験範囲の改定のお話をしてパブリック・コメントを下さるようにお願いしてみたところ、LPI本部のWebサイトをチェックしてみてくれる旨、快く了解してくれました。
2Fにある、org以外のブースから
2Fにある、org以外のブースから。GentooやDebianを使うことをビジネスの特徴としている企業も散見されました。
GentooやDebianを使うことをビジネスの特徴としている企業も散見されました
今回ご紹介できなかった他の org の展示などについても別の機会にご紹介できればと思っています。

写真撮影・文責:LPI-Japan試験開発担当 永野篤

その他の特別インタビュー&コラムはこちら

このページのトップへ