HOMELPIC-3LPIC-3 出題範囲302試験範囲:出題範囲詳細(2014年3月31日終了)

302試験範囲:出題範囲詳細(2014年3月31日終了)

概要

この試験に合格したLPICレベル3「Core」保有者は、LPICレベル3「Specialty」の認定資格「LPI 302 Mixed Environment」が与えられる。

302試験:出題範囲詳細

主題310概念、アーキテクチャおよび設計

310.1 概念、アーキテクチャ、および設計
重要度 1
説明 混在環境におけるSMB/CIFS、ファイル共有、およびプリントサービス関連の基本的な概念について習熟していること。
主要な知識範囲
  • SMB/CIFSの概念を理解する
  • ファイル共有の概念を理解する
  • プリントサービスの概念を理解する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • SMB
  • CIFS
  • smb.conf
310.2 Sambaの役割
重要度 1
説明 SambaのセキュリティモードとSambaデーモンの主要な役割について知っていること。
主要な知識範囲
  • Sambaのセキュリティモードを理解する
  • 基本的なSambaデーモンの役割を把握する
  • Sambaデーモンを管理する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • ユーザレベルのセキュリティ
  • 共有レベルのセキュリティ
  • Domainセキュリティモード
  • ADSセキュリティモード
  • smb.conf
  • smbd
  • nmbd
  • winbindd
  • smbcontrol
310.3簡易データベース(TDB)ファイル
重要度 2
説明 簡易データベース(TDB)ファイルの構造を理解し、TDB関連の問題のトラブルシューティング方法を知っていること。
主要な知識範囲
  • TDBファイルをバックアップする
  • TDBファイルを復元する
  • TDBファイルの破損を検出する
  • TDBファイルの内容を編集/一覧表示する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • pdbedit
  • secrets.tdb
  • tdbbackup
  • tdbdump
  • tdbtool
  • smbpasswd

このページのトップへ

主題311Sambaのコンパイルとインストール

311.1 ソースからのconfigureとビルド
重要度 1
説明 Sambaをソースからコンパイルして、依存関係の問題を解決できること。
主要な知識範囲
  • Sambaの主要なパッケージとその内容を把握する
  • 依存関係を把握して解決する
  • Sambaのソフトウェア構成を説明する
  • 一般的なSambaコンパイルオプションに関する知識
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • gzip
  • gpg
  • make
311.2 Sambaのインストールとアップグレード
重要度 1
説明 Sambaをソースとパッケージの両方からインストールとアップグレードを行えること。
主要な知識範囲
  • Sambaをパッケージからインストールする
  • Sambaをソースからインストールする
  • Sambaをアップグレードする
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • gpg
  • dpkg
  • rpm

このページのトップへ

主題312Sambaの設定と使用法

312.1 Sambaを設定する
重要度 6
説明 さまざまな目的に応じてSambaデーモンを設定できること。
主要な知識範囲
  • Sambaサーバの設定ファイルの構成に関する知識
  • Samba変数と設定パラメータに関する知識
  • SMB/CIFSで使用される主要なTCP/UDPポートの把握
  • Sambaのログ取得を設定する
  • Sambaに関する問題のトラブルシューティングとデバッグを行う
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • smb.confのパラメータ
  • smb.confの変数
  • /etc/services
  • /var/log/samba/*
  • log level
  • debuglevel
  • testparm
  • smbtar
  • strace
312.2 ファイルサービス
重要度 4
説明 混在環境においてファイル共有の作成と設定を行えること。
主要な知識範囲
  • ファイル共有の作成と設定を行う
  • ファイルサービスの移行を計画する
  • IPC$の秘匿
  • ユーザやグループがファイル共有を操作するためのスクリプトを作成する
  • smbcquotas
  • smbsh
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • smb.conf
  • [homes]
  • browseable、writeable、valid users
  • IPC$
  • mount、smbmount
312.3 プリントサービス
重要度 2
説明 混在環境においてプリント共有の作成と管理を行えること。
主要な知識範囲
  • プリンタ共有の作成と設定を行う
  • SambaとCUPSの連携を設定する
  • Windowsプリンタドライバの管理と、プリンタドライバをダウンロードするための設定を行う
  • [print$]を設定する
  • プリント共有に起因するセキュリティ問題を理解する
  • 印刷のアカウンティング(利用状況取得)のセットアップと管理を行う
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • smb.conf
  • [print$]
  • CUPS
  • cupsd.conf
  • /var/spool/samba
  • 印刷のアカウンティング(利用状況取得)
  • smbprngenpdf
  • smbspool
312.4 ドメインコントロール
重要度 4
説明 プライマリドメインコントローラとバックアップドメインコントローラのセットアップと保守を行うと共に、Windows/Linuxクライアントによるドメインへのアクセスを管理できること。
主要な知識範囲
  • ドメイン参加の概念(ドメインメンバーシップ)を理解する
  • プライマリドメインコントローラの構築と保守を行う
  • バックアップドメインコントローラの構築と保守を行う
  • 既存のドメインにコンピュータを追加する
  • ログオンスクリプトを設定する
  • 移動(ローミング)プロファイルを設定する
  • システムポリシーを設定する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • smb.conf
  • プライマリドメインコントローラ
  • バックアップドメインコントローラ
  • ドメイン参加の概念(ドメインメンバーシップ)
  • 移動(ローミング)プロファイル
  • システムポリシー
  • ログオンスクリプト
  • Active Directory
  • LDAP
  • 信頼関係
312.5 SWATの設定
重要度 1
説明 SWAT(Samba Web Administration Tool)のインストールと設定を行うことができて、SWATを用いてSambaの設定変更を行えること。
主要な知識範囲
  • SWATの機能に関する知識
  • SWATのインストールと設定を行う
  • SWATのインターフェイスを利用してSambaサーバを設定する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • smb.conf
  • /usr/sbin/swat
  • SWATの国際化
  • SSL
  • SWATのウィザード機能
312.6 国際化
重要度 1
説明 国際化された文字コードとコードページに対処できること。
主要な知識範囲
  • 国際化された文字コードとコードページを理解する
  • 適切な文字コード変換ライブラリに対するパッチの適用とビルドを行う
  • 非英語環境におけるユーザとグループの名前付け規則における、WindowsとLinux/UNIXの間での名前空間の相違を理解する
  • 非英語環境におけるコンピュータの名前付け規則における、WindowsとLinux/UNIXの間での名前空間の相違を理解する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • 国際化
  • 文字コード
  • コードページ
  • smb.conf
  • 文字コード変換ライブラリ

このページのトップへ

主題313ユーザとグループの管理

313.1 ユーザアカウントとグループアカウントの管理
重要度 4
説明 混在環境においてユーザアカウントとグループアカウントを管理できること。
主要な知識範囲
  • ユーザアカウントとグループアカウントを管理する
  • ユーザ名のマッピングおよびグループ名のマッピングを理解する
  • ユーザアカウントの管理ツールに関する知識
  • smbpasswdプログラムの使用
  • ファイルおよびディレクトリオブジェクトの所有者の強制的な設定
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • smb.conf
  • /usr/bin/smbpasswd
  • /etc/passwd
  • /etc/group
  • force user、force group
  • idmap
313.2 認証と許可
重要度 8
説明 さまざまな認証方法を理解し、アクセス制御を設定できること。
主要な知識範囲
  • パスワードデータベースをセットアップする
  • smbpasswdファイルフォーマットの知識
  • パスワード同期を実行する
  • パスワードの代替バックエンドストレージに関する知識
  • SambaとLDAPを統合する
  • アクセス制御リスト(ACL)を理解する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • smb.conf
  • smbpasswd
  • passdb backend
  • security mask
  • PAM
  • NSS
  • パスワード同期
  • LDAP
313.3 Winbind
重要度 2
説明 Winbindサービスのインストールと設定を実行できること。
主要な知識範囲
  • Winbindをインストールする
  • Winbindを設定する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • smb.conf
  • winbindd
  • PAM
  • NSCD
  • SID
  • /etc/passwd
  • /etc/group
  • 外部のSID

このページのトップへ

主題314CIFS、NetBIOS、およびActive Directoryとの連携

314.1 CIFS連携
重要度 3
説明 混在環境でCIFSと連携する。
主要な知識範囲
  • SMB/CIFSの概念を理解する
  • リモートCIFS共有をLinuxクライアントからマウントする
  • CIFSの機能と利点を理解する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • SMB
  • CIFS
  • mount、smbmount
  • smbclient
  • smb.conf
  • /etc/fstab
314.2 NetBIOSとWINS
重要度 7
説明 NetBIOS/WINSの概念に習熟し、ネットワークブラウジング機能を理解していること。
主要な知識範囲
  • WINSの概念を理解する
  • NetBIOSの概念を理解する
  • ローカルマスタブラウザの役割を理解する
  • ドメインマスタブラウザの役割を理解する
  • SambaがWINSサーバの役割を果たすことを理解する
  • 名前解決を理解する
  • SambaをWINSサーバとして設定する
  • WINS複製を設定する
  • NetBIOSブラウジング機能、サービスアナウンスメントおよびブラウザ選定を理解する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • NetBIOS
  • WINS
  • ローカルマスタブラウザ
  • ドメインマスタブラウザ
  • サービスアナウンスメント
  • エレクション
  • ノードタイプ
  • smbclient
  • findsmb
  • name resolve order
  • lmhosts
  • smbtree
314.3 Active Directoryとの統合
重要度 2
説明 LinuxサーバをActive Directoryが存在する環境と連携できること。
主要な知識範囲
  • リモートのActive Directory/LDAPユーザの一覧
  • SambaをADSセキュリティモードで設定する
  • Active Directoryに必要なDNSの要件に関する知識
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • Active Directory
  • ADSセキュリティモード
  • DNS
  • LDAP
  • Windowsのnetコマンド
  • Kerberos
  • ドメイン
  • smb.conf
  • smbcacls
314.4 Windowsクライアントの操作
重要度 4
説明 リモートのWindowsクライアントとやりとりを行い、Linuxサーバのファイルサービスとプリントサービスにアクセスするために、Windowsワークステーションを設定できること。
主要な知識範囲
  • Windowsクライアントの知識
  • WindowsのブラウズリストとSMBクライアントを表示する
  • Windowsからファイル / プリントリソースを共有する
  • smbclientプログラムの使用
  • Windowsのnetユーティリティの使用
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • Windowsのnetコマンド
  • smbclient
  • mount、smbmount
  • コントロールパネル
  • rdesktop
  • workgroup
  • smbget

このページのトップへ

主題315セキュリティとパフォーマンス

315.1 Linuxファイルシステムと共有/サービスパーミッション
重要度 3
説明 混在環境におけるLinuxファイルシステムのファイルパーミッションを理解していること。
主要な知識範囲
  • ファイル/ディレクトリパーミッション制御の知識
  • SambaがLinuxファイルシステムのパーミッションを制御する方法を理解する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • smb.conf
  • chmod
  • chown
  • mount、smbmount
  • create mask
  • directory mask
315.2 Sambaセキュリティ
重要度 2
説明 ファイアウォールとSambaデーモン自体の両方で、Sambaを保護できること。
主要な知識範囲
  • SambaサーバへのアクセスおよびSambaサーバからのアクセスを、ファイアウォールで制御する
  • smb.confファイルでセキュリティ関連パラメータを設定する
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • iptables
  • smb.conf
  • /etc/services
  • セキュリティモード
315.3 パフォーマンスチューニング
重要度 1
説明 負荷分散と高可用性を実現する目的で各種サービスのクラスター化を行い、サーバとネットワークのパフォーマンスを向上させるためにSambaの設定を調整できること。
主要な知識範囲
  • Sambaのパフォーマンスを測定する
  • Sambaのメモリ使用量を最適化する
  • SMB/CIFS環境におけるファイル転送速度を向上させる
重要なファイル、
用語、ユーティリティ
  • smb.conf
  • 'max *'パラメータ
  • netstat
  • smbstatus
  • socket options

日本語最終更新日:2007年1月29日(月)

このページのトップへ