HOMEサンプル問題・例題解説304試験の例題と解説334.4 エンタープライズLinuxディストリビューションの高可用性

304試験の例題と解説

334.4エンタープライズLinuxディストリビューションの高可用性

LinuC 304試験の試験範囲から「334.4 エンタープライズLinuxディストリビューションの高可用性」についての例題を解いてみます。
このテーマは【重要度1】です。高可用性を実現するために必要な基本知識や概要を把握しておきましょう。

■トピックの概要

このトピックの内容は以下の通りです。

<334.4 エンタープライズLinuxディストリビューションの高可用性
重要度     1

<説明>
エンタープライズLinuxディストリビューションの高可用性の統合方法の認知。

<主要な知識範囲>
・RHELの高可用性アドオンの知識
・SUSE Linuxエンタープライズの高可用性拡張の基本知識

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・ディストリビューション固有の設定ツール
・クラスタエンジン、ロードバランス、ストレージテクノロジー、クラスタファイルシステムなどの統合


■例題
SUSE Linuxエンタープライズの高可用性拡張で使用されるツールやクラスタファイルシステムとして、間違っているものを選択せよ。

1.YaST
2.ext4
3.Pacemaker GUI
4.LVM2

※この例題は実際の試験とは異なります。

解答と解説

答えは 「2.ext4」 です。

SUSE Linuxエンタープライズの高可用性拡張はオープンソースのクラスタ技術を統合したもので、SPOF(Single Point Of Failure:シングルポイント障害)をなくすことを目的とし、ビジネスの継続性維持・データ整合性の保護・予期せぬダウンタイムの削減を実現するものです。

また、SUSE Linuxエンタープライズの高可用性拡張では、以下のツールやファイルシステムなどが使用されます。

・YaST - ボンディングデバイス(複数のNICを仮想的に束ねる)やクラスタモジュールを使用してブート時にPacemakerを開始の有無などを行います。
・OCFS2 - クラスタ内の全ノードに対してデータファイルなどの同時読み書きを行います。
・Pacemaker GUI - クラスタの全設定作業をGUIから実施します。
・LVM2 - 複数ディスクを束ねた仮想ディスク作成を可能にし、1つのファイルシステムからその仮想ディスクを利用可能にします。
・DRBD - 高可用性クラスタを構成するためのブロックデバイスで、ネットワーク型のRAID 1とも言われます。

なお、SUSE Linuxエンタープライズの高可用性拡張については、以下のURLで詳細が確認出来ます。
https://www.suse.com/ja-jp/documentation/sle_ha/book_sleha/data/book_sleha.html


■例題作成者
鯨井 貴博 氏(登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ