HOMEサンプル問題・例題解説304試験の例題と解説330.4 その他の仮想化ソリューション

304試験の例題と解説

330.4 その他の仮想化ソリューション

304試験の試験範囲から「330.4 その他の仮想化ソリューション」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<330.4 その他の仮想化ソリューション>
重要度     3

<説明>
XenおよびKVM以外の仮想化技術についての基本的知識と経験。

<主要な知識範囲>    
OpenVZ と LXCの基本知識
その他の仮想化技術についての認知
その他の仮想化技術に関する基本的な技術的知識

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
OpenVZ
VirtualBox
LXC
docker
packer
vagrant


■例題
以下のうち、コンテナを管理するソフトウェアではないものを選択せよ。
1.OpenVZ
2.VirtualBox
3.LXC
4.docker

※この例題は実際の試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2.VirtualBox です。

VirtualBoxは、クロスプラットフォーム仮想化ソフトウェアであり、Linuxなど様々なOSを実行する仮想マシン(VM)を生成するソフトウェアです。

なお、仮想マシンを生成するよりは、物理マシンに搭載されるパーツ(CPUやメモリ、ハードディスクなどのストレージやその接続形式など)に関する知識が必要となります。

VirtualBox上で仮想マシン(VM)を作成する方法については、以下で紹介しています。
https://goo.gl/UC8XFX


また、OpenVZ/LXC/dockerはコンテナを管理するソフトウェアで、
コンテナはPaaS(Platform as a Service)などの開発環境で利用されます。

コンテナには、仮想マシン(VM)を生成するのに対してメモリなどのリソースが少なくすませることが出来たり、起動が早いなどのメリットがあります。

dockerを利用したコンテナの操作方法は、以下で紹介しています。
https://goo.gl/Fh8wGo

■例題解説提供者
鯨井 貴博 氏(登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ