HOMEサンプル問題・例題解説304試験の例題と解説330.6 クラウド管理ツール

304試験の例題と解説

330.6 クラウド管理ツール

今回はLinuC304試験の試験範囲から、「330.6 クラウド管理ツール」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<330.6 クラウド管理ツール>
一般的なクラウド管理ツールの基本機能の知識。

<説明>
・OpenStack と CloudStackの基本機能の知識
・Eucalyptus と OpenNebulaの認知

<主要な知識範囲>
・OpenStack と CloudStackの基本機能の知識
・Eucalyptus と OpenNebulaの認知

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・OpenStack
・CloudStack
・Eucalyptus
・OpenNebula


■例題
OpensStackコンポーネントの中で、ネットワークサービスを提供するコンポーネントを選択してください。

1. Glance
2. KeyStone
3. Nova
4. Neutron

※この例題は実際のLinuC試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「4. Neutron」です。

OpenStackはクラウド環境を構築するためのソフトウェアの集まりです。
OpenStackを構成するためのコンポーネントは無数に存在します。
主なコンポーネントと概要は以下の通りです。

* KeyStone
KeyStoneはIdentityサービスとも呼ばれます。
主な機能としては、OpenStack全体のユーザ管理や認証や、APIのトークンの管理などです。
管理対象は、OpenStackを操作する人間だけでなく、OpenStackを構成するコンポーネントにも及びます。つまり人間の操作権限だけでなく、コンポーネント間の通信においても、包括的にサービスを提供します。

* Glance
GlanceはImageサービスとも呼ばれます。
主な機能は、OpenStack上で動作するゲストOS(インスタンス)を起動するためのディスクイメージの
管理です。Glanceはイメージの名前や配置場所、アーキテクチャ情報などのメタ情報を管理します。
Glanceには、実際のディスクイメージを保管する役割はありません。ディスクイメージは、後述するCinderなどで管理されるストレージに保管されます。

* Cinder
CinderはBlock Storageサービスとも呼ばれます。
主な機能は、インスタンスが使用するストレージや、Glanceが管理するイメージの配置場所になるストレージの管理です。OpenStackのインスタンスは、起動時に一定サイズのディスクが割り当てられますが、ブロックストレージを利用しない場合、インスタンス停止時にディスクも削除されます。
ブロックストレージは、永続化したいデータを保存する領域として利用されます。

* Nova
NovaはComputeサービスとも呼ばれます。
主な機能は、インスタンスの管理です。インスタンスの起動や停止などの管理です。
Novaは、Glanceで管理されているディスクイメージを使い、KVMなどの仮想化ソフトウェアと連携してインスタンスを起動します。

* Neutron
NeutronはNetworkingサービスとも呼ばれます。
主な機能は、物理ネットワークとのアクセスや、OpenStack内の仮想ネットワークの管理です。
Neutronの機能を使って、OpenStack内の仮想ネットワークと外部ネットワークを接続することや、仮想ネットワーク通しをつなぐルータを作成することなどができるようになっています。

* horizon
horizonはDashboardとも呼ばれます。
主な機能は、OpenStackを管理するためのWebインタフェースを提供です。
horizonのインタフェースから、OpenStack内部のプロジェクトの管理やインスタンスの管理を行なうことができます。


■例題作成者
株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ