HOMEサンプル問題・例題解説304試験の例題と解説334.1 高可用性の概念と理論

304試験の例題と解説

334.1 高可用性の概念と理論

304試験の試験範囲から「334.1 高可用性の概念と理論」についての例題を解いてみます。

■例題
サービス品質保証 (SLA)を考える時、その項目としてMTBFやMTTR・稼働率がありますが、その説明として間違っているものを選択せよ。

1. MTBFは平均故障間隔と呼ばれ、何時間に一回故障が発生するかという時間の平均を表す
2. MTBFは、稼働時間の合計を故障回数で割って求める
3. MTTRは平均復旧時間と呼ばれ、故障発生時の修理に要する時間の平均を表す
4. MTTRは、修理に要した時間の合計を故障回数で割って求める
5. 稼働率は、MTBFからMTTRを引いたものをMTBFで割って求める

※この例題は実際の試験とは異なります。

解答と解説

答えは 5. 稼働率は、MTBFからMTTRを引いたものをMTBFで割って求める です。

正しくは、MTBRをMTBRとMTTRを足したもので割って求めます。
                MTBF(平均故障間隔)
稼働率 = ――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         MTBF(平均故障間隔) + MTTR(平均復旧時間)

なお、システムの稼働率を高めるための手法として、VRRPなどのゲートウェイ冗長プロトコルによるネットワークの冗長構成や、フェイルオーバークラスタやロードバランスクラスタ・クラスタストレージによるサーバリソースなどの冗長構成を構築する方法が挙げられ、高可用性(HA、High Availabirity)とも呼ばれます。

また、フェイルオーバークラスタはPacemaker・HeartbeatやCorosync、ロードバランスクラスタはLVSやHAProxy、クラスタストレージはDRBDといったプログラムを使用して構成することが出来ます。


■例題作成者
LPI-Japanアカデミック認定校「Zeus IT Camp」レベル3認定者 鯨井 貴博 氏

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ