HOMEサンプル問題・例題解説304試験の例題と解説330.5 Libvirt および関連ツール

304試験の例題と解説

330.5 Libvirt および関連ツール

今回は304試験の試験範囲から「330.5 Libvirt および関連ツール」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<330.5 Libvirt および関連ツール>
重要度     5

<説明>
libvirt ライブラリおよび一般的なツールに関する基本知識と経験。
    
<主要な知識範囲>
libvirt のアーキテクチャ、ネットワーキングおよびストレージ
libvirt と virshの基礎技術の知識
oVirtの認知

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
libvirtd
/etc/libvirt/
virsh
oVirt


■例題
virshについての説明で適切なものを選択してください。

1、virshは、ゲストOSをインストールするために利用するコマンドである
2、「virsh setmaxmem --size 1G <ドメイン>」で、動作中の仮想マシンのメモリ上限を変更できる
3、「virsh stop <ドメイン>」で、仮想マシンの停止を行うことができる
4、「virsh suspend <ドメイン>」で、仮想マシンの一時停止を行うことができる

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「4. 「virsh suspend <ドメイン>」で、仮想マシンの一時停止を行うことができる」です。

virshは、様々な仮想環境の管理を行うためのコマンドです。
現在、マニュアルベースの情報では、 Xen, QEMU, KVM, LXC, OpenVZ, VirtualBox, VMware ESXに対応しています。

コマンドライン上での仮想マシンの状態の確認や、起動・停止などの基本的な操作から、
仮想マシンのメモリやCPU、ネットワークインタフェースの変更、ストレージの管理、スナップショットの取得・リストアなど、非常に多くの操作ができるパワフルなインタフェースとなっています。

上記問題の解説ですが、

1. virshは、ゲストOSをインストールするために利用するコマンドである


virshでは、ゲストOSのインストールは行えません。インストールは別のユーティリティで行う必要があります。


2. 「virsh setmaxmem --size 1G <ドメイン>」で、動作中の仮想マシンのメモリ上限を変更できる

setmaxmemは仮想マシンのメモリ上限を変更するためのサブコマンドですが、動作中の仮想マシンのメモリの変更は、現在できません。

3. 「virsh stop <ドメイン>」で、仮想マシンの停止を行うことができる

stopというサブコマンドは存在しません。停止はshutdownサブコマンドで行います。また、resetサブコマンドで、強制停止も行うことができます。


4. 「virsh suspend <ドメイン>」で、仮想マシンの一時停止を行うことができる

suspendサブコマンドは、上記のとおり、一時停止を行うためのコマンドです。
一時停止した仮想マシンは、resumeサブコマンドで復帰できます。


virshのサブコマンドは大量に存在します。ただその分、マニュアルやヘルプも非常に充実しています。
一度virsh helpを実行して、内容を確認してみるのが良いでしょう。


■例題作成者
株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ