HOMEサンプル問題・例題解説300試験の例題と解説393.2 Linuxファイルシステムと共有/サービスのパーミッション

300試験の例題と解説

393.2Linuxファイルシステムと共有/サービスのパーミッション

LinuC 300試験の試験範囲から「393.2 Linuxファイルシステムと共有/サービスのパーミッション」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<393.2 Linuxファイルシステムと共有/サービスのパーミッション>
重要度     3

<説明>
混在環境においてLinuxファイルシステムのファイル許可について理解すること。

<主要な知識範囲>    
・ファイル / ディレクトリ許可の制御に関する知識
・SambaがLinuxファイルシステムのパーミッションおよび ACLを操作する方法について理解する
・Samba VFSを使用してWindows ACLを保存する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・smb.conf
・chmod、chown
・create mask、directory mask、force create mode、force directory mode
・smbcacls
・getfacl、 setfacl
・vfs_acl_xattr、vfs_acl_tdb および vfs objects


■例題
Sambaの設定ファイルsmb.confで設定するパラメータと説明の組み合わせで、間違っているものはどれか、選択せよ。

1、force create mode : Sambaによって作成されたファイルに必ず適用されるパーミッション
2、browsable : WebブラウザからSambaへのアクセスを許可するかどうか
3、hide dot files : ドットで始まるファイル名のファイルを隠しファイルとして扱うかどうか
4、writeable : ファイル等の書き込みを許可するかどうか

※この例題は実際の試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2、browsable : WebブラウザからSambaへのアクセスを許可するかどうか となります。 正しくは、 browsable : クライアントのブラウズリストに共有として表示させるかどうか です。

smb.confのパラメータはパラメータの数が多く、
例えば writeableと同等の事を設定できるものとして writable・write okやread onlyなど複数存在するのも特徴です。

それらパラメータについては、以下に解説があります。
http://www.samba.gr.jp/project/translation/3.5/htmldocs/manpages-3/smb.conf.5.html

また、設定したsmb.confの正当性を確認には、
testparmコマンドを使用する方法があります。
http://www.samba.gr.jp/project/translation/3.5/htmldocs/manpages-3/testparm.1.html


■例題解説作成者
鯨井 貴博 氏(登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ