HOMEサンプル問題・例題解説300試験の例題と解説390.3 OpenLDAPサーバのパフォーマンスチューニング

300試験の例題と解説

390.3 OpenLDAPサーバのパフォーマンスチューニング

300試験の試験範囲から「390.3 OpenLDAPサーバのパフォーマンスチューニング」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<390.3 OpenLDAPサーバのパフォーマンスチューニング>
重要度     2

<説明>
LDAPサーバのパフォーマンスを測定し、設定ディレクティブを調整できること。

<主要な知識範囲>
・LDAPのパフォーマンスを測定する
・パフォーマンスを向上させるためソフトウェアの設定を調整する
・インデックスを理解する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・インデックス
・DB_CONFIG


■例題

OpenLDAPサーバでは、データ検索を効率的に行うためにインデックスを設定することができます。
近似検索を行いたい場合に指定する設定を選択せよ。

1. pres
2. eq
3. sub
4. approx
5. none

※この例題は実際の試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. approx です。

他の選択肢は以下のような意味を持ちます。


pres:属性に値が含まれている
eq:属性の値と完全一致する
sub:属性の値に部分一致する
none:インデックスを作成しない

インデックスの設定は以下のように行います。
olcDbIndex: uid eq,pres
※uidは、「pres」と「eq」が設定されていることを示す。

なお、同様の設定をLDIF形式ではなくslapd.confに設定する場合、以下のように設定します。

index uid eq,pres

また、インデックス設定に基づいてインデックスを作成するslapindexコマンドについても、併せて学習しておきましょう。
http://www.openldap.org/software/man.cgi?query=slapindex&sektion=8&apropos=0&manpath=OpenLDAP+2.4-Release


■例題作成者
LPI-Japanアカデミック認定校「Zeus IT Camp」LPICレベル3認定者 鯨井 貴博 氏

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ