HOMEサンプル問題・例題解説300試験の例題と解説391.1 PAMおよびNSSとLDAPの統合

300試験の例題と解説

391.1 PAMおよびNSSとLDAPの統合

今回は300試験の試験範囲から「391.1 PAMおよびNSSとLDAPの統合」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<391.1 PAMおよびNSSとLDAPの統合>
重要度     2

<説明>
PAMとNSSを設定して、情報をLDAPディレクトリから取り出せること。

<主要な知識範囲>
・PAMを設定して、認証にLDAPを使用する
・NSSを設定して、情報をLDAPから取り出す
・PAMモジュールをさまざまなUNIX環境で設定する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・PAM
・NSS
・/etc/pam.d/*
・/etc/nsswitch.conf


■例題
PAMとNSSをLDAPと連携させる理由として正しいものを選びなさい。

1. LDAPの情報でユーザー認証を行う
2. シングルサインオン認証を実現する
3. 認証情報を暗号化して通信する
4. 認証情報の脆弱性を検知する

※この例題は実際のLPIC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. LDAPの情報でユーザー認証を行う です。

LDAPは階層型のデータベースとして、主にユーザーの認証情報を管理するために使われることが多くあります。このユーザー情報をログイン認証などに使用するために、PAMとNSSを使用します。PAMは認証プロセスをコントロールし、NSSは認証情報の参照先を設定します。

PAMを設定するには、/etc/pam.d/ディレクトリ内にある設定ファイルに記述を行います。様々な認証が存在しているので、その目的に合ったファイルで設定を行います。たとえばOSのログイン認証なら/etc/pam.d/system-authで設定を行います。PAMがLDAPを利用するためのモジュールとしてpam_ldap.soが用意されているので、このモジュールを利用するように設定を変更する必要があります。

NSSを設定するには、/etc/nsswitch.confに設定を行います。このファイルが取り上げられる例として、名前解決の参照先として/etc/hostsやDNSを設定する際に用いられますが、ユーザー認証ではpasswd、shadow、groupの設定でLDAPを参照するように設定します。

その他、PAMとNSSがLDAPを参照するための設定などが必要となる場合がありますので、使用するディストリビューションの環境に応じて設定する手順を確認しておきましょう。


■例題作成者
株式会社びぎねっと 代表取締役社長 宮原徹氏

※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPIオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ