HOMEサンプル問題・例題解説300試験の例題と解説390.3 OpenLDAPサーバのパフォーマンスチューニング

300試験の例題と解説

390.3 OpenLDAPサーバのパフォーマンスチューニング

今回は300試験の試験範囲から「390.3 OpenLDAPサーバのパフォーマンスチューニング」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<390.3 OpenLDAPサーバのパフォーマンスチューニング>
重要度 2

<説明>
LDAPサーバのパフォーマンスを測定し、設定ディレクティブを調整できること。

<主要な知識範囲>
・LDAPのパフォーマンスを測定する
・パフォーマンスを向上させるためソフトウェアの設定を調整する
・インデックスを理解する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・インデックス
・DB_CONFIG


■例題
OpenLDAPのインデックスの解説として間違っているものを選びなさい。

1. インデックスはデータの検索を高速化するための仕組みである
2. インデックスはすべての属性に設定しておく必要がある
3. インデックスはデータを追加した際に更新される
4. インデックスは属性ごとに種類を変更できる

※この例題は実際のLPIC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. インデックスはすべての属性に設定しておく必要がある です。

OpenLDAPは階層型のデータベースですが、その他の種類のデータベース同様、検索を高速化するための仕組みとしてインデックスが用意されています。

インデックスは、存在するかどうか、等しいかどうか、部分一致検索など、属性ごとに持っているデータの種類や検索の方法に合わせた種類のインデックスを作成できます。

また、検索のために使用しないであろう属性には、明示的にインデックスを作成しないように設定できます。アプリケーションの用途によって検索対象になる属性は限られますので、そのような属性にのみインデックスを作成するようにしておくとよいでしょう。

インデックスを作成する属性を絞り込むメリットとして、ディレクトリにデータが追加される度にインデックスが更新されるときの負荷軽減があります。大量のデータを追加するような場合には、インデックス更新が頻繁に行われますので、インデックス無しの場合に比べて負荷が高くなります。そのような点も考慮に入れて、インデックスを作成する必要があります。


■例題作成者
株式会社びぎねっと 代表取締役社長 宮原徹氏

※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。


  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ