HOMEサンプル問題・例題解説202試験の例題と解説212.1 ルータを構成する

202試験の例題と解説

212.1 ルータを構成する

202試験の試験範囲から「212.1 ルータを構成する」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要

このトピックの内容は以下の通りです。

<212.1 ルータを構成する>
重要度     3

<説明>
IPパケットを転送したり、ネットワークアドレス変換(NATやIPマスカレード)を実行するようシステムを設定し、これによってネットワークを保護することの重要性について述べる。これには、ポートリダイレクトの設定、フィルタルールの管理、攻撃の回避も含まれる。

<主要な知識範囲>
・iptables および ip6tables の設定ファイル、ツール、ユーティリティ
・ルーティングテーブルを管理するためのツール、コマンド、ユーティリティ
・プライベートアドレスの範囲(IPv4) 、リンクローカルアドレスおよびユニークローカルアドレス(IPv6)
・ポートリダイレクトとIP転送
・発信元または宛先のプロトコル、ポート、アドレスに基づいて、IP パケットを受け入れる、または拒否するフィルタとルールの表示と記述フィルタ設定の保存および再読込
・フィルタ設定の保存および再読込
・ip6tablesとフィルタリングを知っている

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/proc/sys/net/ipv4
・/proc/sys/net/ipv6/
・/etc/services
・iptables
・ip6tables


■例題
iptablesのINPUTチェインにおいて、指定された位置に規則を追加したい。

以下の空欄に、適切なオプションを答えよ。
iptables (   ) INPUT 5 -p tcp ―-dport 80 -j ACCEPT

※この例題は実際の試験とは異なります。

解答と解説

答えは 「-I」 です。

規則の追加は「-A」オプションでも実施することが出来ますが、
「-A」を使った場合、チェインにある規則の最後に追加されます。
そのため、指定された位置に規則を追加する場合には、
「-I」オプションを使用します。

その他のオプションについては、以下を参照ください。
http://ipset.netfilter.org/iptables.man.html

また、IPv6用にはip6tablesというコマンドを使用し、
設定した規則は、iptablesでは/etc/sysconfig/iptablesというファイル、
ip6tablesでは/etc/sysconfig/ip6tablesというファイルに設定が保存されます。

なお、CentOS7などではiptablesサービスの代わりに、
Firewalld(firewall-cmdコマンド)を使用するように変更されています。


■例題解説提供者
LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp 鯨井 貴博 氏(登録インストラクター)
  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ