HOMEサンプル問題・例題解説202試験の例題と解説211.1 電子メールサーバの使用

202試験の例題と解説

211.1電子メールサーバの使用

今回は202試験の試験範囲から、「211.1 電子メールサーバの使用」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<211.1 電子メールサーバの使用>
重要度 4

<説明>
電子メールサーバを管理する。これには、電子メールのエイリアス、クォータ、仮想ドメインの設定も含まれる。また、内部的な電子メールリレーの設定および電子メールサーバの監視も含まれる。

<主要な知識範囲>
    postfixの設定ファイル
    SMTPプロトコルに関する基本的な知識
    Sendmailとeximを知っている

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
    postfixの設定ファイルとコマンド
    /etc/postfix/*
    /var/spool/postfix
    Sendmailエミュレーション層のコマンド
    /etc/aliases
    /var/log/のメール関連のログ


■例題
SMTPのプロトコルでサポートされていないコマンドを選択してください。

1. BODY
2. RCPT TO
3. HELO
4. MAIL FROM

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「1. BODY」です。

SMTPのプロトコルの基本的な流れは以下の通りです。

1. クライアントがサーバに接続する
2. サーバからグリーティングメッセージを受け取る
3. クライアントがサーバにメール送信の開始を伝える
4. メールの送信元・送信先・メールデータをサーバに送信する
5. メール送信処理を終える

実際のプロトコルのやりとりは以下の通りです。例に沿って解説します。

[SMTPプロトコルのやりとりの例]
--------------------------------------------------------------------------
220 localhost.localdomain ESMTP Postfix
HELO example.com                        ----------------- 1
250 localhost.localdomain
MAIL FROM: from@localhost               ----------------- 2
250 2.1.0 Ok
RCPT TO: to@localhost                   ----------------- 3
250 2.1.5 Ok
DATA                                    ----------------- 4
354 End data with <CR><LF>.<CR><LF>
From: from@localhost                    ----------------- 5
To: to@localhost
Subject: test mail
                                        ----------------- 6
test mail line1                         ----------------- 7
test mail line2
.                                       ----------------- 8
250 2.0.0 Ok: queued as D5D843908
QUIT                                    ----------------- 9
221 2.0.0 Bye
Connection closed by foreign host.
--------------------------------------------------------------------------

1    メールサーバに接続した後、クライアントはHELOコマンドでメール送信開始をサーバに伝えます
2    MAIL FROMコマンドで、メールの送信元の情報(エンベロープFrom)をサーバに伝えます
3    RCPT TOコマンドで、メールの送信先の情報(エンベロープTo)をサーバに伝えます
4    DATAコマンドで、メールデータをサーバに伝えることを宣言します
5    メールヘッダ部を送信します
6    メールヘッダの終了を表す改行を送信します
7    メールの本文を送信します
8    メールの本文の終了を表すドットを送信します
9    QUITコマンドで、メール送信の終了をサーバに伝えます


メールのプロトコルのやり取りは、メールサーバを管理する上で必須の知識です。
telnetコマンドなどで、一度プロトコルを手で送信して試してみるとより理解が深まりますので、一度試してみましょう。


■例題作成者
株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏



  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ