HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説203.1 Linuxファイルシステムを操作する

201試験の例題と解説

203.1Linuxファイルシステムを操作する

今回は201試験の試験範囲から「203.1 Linuxファイルシステムを操作する」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<203.1 Linuxファイルシステムを操作する>
重要度 4

<説明>
標準的なLinuxファイルシステムの適切な設定と操作。
これには、各種ファイルシステムの設定およびマウントも含まれる。

<主要な知識範囲>
・fstab設定の概念
・スワップパーティションおよびファイルを操作するツールとユーティリティ
・UUIDの使用

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/etc/fstab
・/etc/mtab
・/proc/mounts
・mountとumount
・sync
・swapon
・swapoff


■例題
UUIDについての説明として正しいものを選びなさい。

1. デバイス個別に割り当てられる一意のID値
2. ユーザーのID値
3. プロセスに割り当てられる実行ユーザーのID値
4. ネットワーク上で利用される通信固有のID値

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. デバイス個別に割り当てられる一意のID値 です。

UUID (Universally Unique Identifier)は、デバイスなどに個別に割り当てられる一意のID値です。UUIDは世界中で同じものが無いように生成され、デバイスに対して割り当てられます。UUIDを利用することで、たとえば使用しているディスクを別のマシンに接続したときに、デバイス名を使用している
とデバイス名が変わってしまったりすることがあるので、必ず一意に指定できるUUIDを利用することで取り違えを回避できるわけです。

ディスクのUUIDはたとえば以下のようにして確認できます。

○ディスクのUUIDの確認
---
[root@localhost by-uuid]# ls -l /dev/disk/by-uuid/
合計 0
lrwxrwxrwx 1 root root 10  9月 21 02:09 d03413bb-
b12a-4798-9350-4d56cf375040 -> ../../sda1
---

この礼衣では、/dev/sda1というパーティションに対して、「d03413bb-b12a-4798-9350-4d56cf375040」というUUIDが割り振られていることが分かります。このUUIDは、たとえばmountコマンドなどで利用できます。

○UUIDをmountコマンドで使う
---
[root@localhost mapper]# mount -o remount /dev/disk/by-uuid/d03413bb-b12a-4798-9350-4d56cf375040
[root@localhost mapper]# mount -o remount /dev/disk/by-uuid/d03413bb-b12a-4798-9350-4d56cf37504
mount: /etc/fstab や /etc/mtab 内に /dev/disk/by-uuid/d03413bb-b12a-4798-9350-4d56cf37504 を見つけられません
---

1つめのmountコマンドはUUIDが存在しているので正常に実行できましたが、2つめのmountコマンドは存在しないUUIDのディスクを指定しているのでエラーとなっています。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ