HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説202.1 システムの起動とブートプロセスのカスタマイズ

201試験の例題と解説

202.1システムの起動とブートプロセスのカスタマイズ

今回は201試験の試験範囲から「202.1 システムの起動とブートプロセスのカスタマイズ」についての例題を解いてみます。


■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<202.1 システムの起動とブートプロセスのカスタマイズ>
重要度 4

<説明>
さまざまなランレベルのシステムサービスの動作を照会および変更する。
initの構造とブートプロセスについての完全な理解が必要。
これには、ランレベルの操作も含まれる。

<主要な知識範囲>  
・LSB(Linux Standard Base Specification:Linux標準仕様)

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/etc/inittab
・/etc/init.d/
・/etc/rc.d/
・insserv
・chkconfig
・update-rc.d


■例題
insservの説明として正しいものを選びなさい。

1. 各種サービスを一時的に実行するためのコマンド
2. 各種サービスの自動起動を設定するためのコマンド
3. 各種サーバーのセキュリティを設定するためのコマンド
4. 各種サーバーをインストールするためのコマンド

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 2. 各種サービスの自動起動を設定するためのコマンド です。

insservは、/etc/init.dディレクトリに格納されているスクリプトを/etc/rc5.dディレクトリなどのランレベルに対応したディレクトリにシンボリックリンクすることで、各ランレベルで自動起動するサービスを設定することができます。
Debian GNU/LinuxやUbuntuなどのディストリビューションで使用されており、Red Hat系のディストリビューションではchkconfigコマンドにあたるものです。

insserv環境では、各スクリプトは以下のような情報が記述されています。

○/etc/init.d/sshの例
---
#! /bin/sh

### BEGIN INIT INFO
# Provides:  sshd
# Required-Start: $remote_fs $syslog
# Required-Stop: $remote_fs $syslog
# Default-Start: 2 3 4 5
# Default-Stop:  
# Short-Description: OpenBSD Secure Shell server
### END INIT INFO

(以下略)
---

たとえば、OpenSSHのサーバーの自動起動は、以下のように設定されます。

○Ubuntu環境におけるinsserv実行例
---
root@localhost:/etc/rc5.d# pwd
/etc/rc5.d ← /etc/rc5.dディレクトリでランレベル5を設定
root@localhost:/etc/rc5.d# ls
README             S01kerneloops  S01saned              S02acpi-support
S01binfmt-support  S01pppd-dns    S01speech-dispatcher  S03grub-common
S01bluetooth       S01pulseaudio  S01ssh                S03ondemand
S01dns-clean       S01rsync       S01sudo               S03rc.local
※S01sshがあるので、ランレベル5でOpenSSHサーバーは自動的に起動される

root@localhost:/etc/rc5.d# insserv -r ssh
※-rオプションを実行することで、自動起動しなくなる

root@localhost:/etc/rc5.d# ls
README             S01kerneloops  S01saned              S03grub-common
S01binfmt-support  S01pppd-dns    S01speech-dispatcher  S03ondemand
S01bluetooth       S01pulseaudio  S01sudo               S03rc.local
S01dns-clean       S01rsync       S02acpi-support
※S01sshが無くなったので、ランレベル5でOpenSSHサーバーは自動的に起動されない

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ