HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説206.2 バックアップ操作

201試験の例題と解説

206.2バックアップ操作

今回は201試験の試験範囲から「206.2 バックアップ操作」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<206.2 バックアップ操作>
重要度 3

<説明>
重要なシステムデータをバックアップするシステムツールを使用する。

<主要な知識範囲>
・バックアップに含める必要があるディレクトリについて知っている
・Amanda、Bacula、BackupPCなどのネットワークバックアップソリューションについて把握している
・テープ、CD-R、ディスク、またはその他のバックアップメディアの利点と欠点を知っている
・部分的および手作業によるバックアップを実行する
・バックアップファイルの整合性を確認する
・バックアップを部分的または完全に復元する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/bin/sh
・cpio
・dd
・tar
・/dev/st*および/dev/nst*
・mt
・rsync


■例題
バックアップについての説明として正しいものを1つ選びなさい。

1. ハードディスクが大容量化しているのでバックアップをする必要はない
2. ドライブが普及しているので、テープよりもCD-Rにバックアップする方が良い
3. データの変更頻度が低いので、部分バックアップでバックアップ量を減らす
4. バックアップを完全に行うために、どんなに時間がかかっても全体バックアップを行う

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. データの変更頻度が低いので、部分バックアップでバックアップ量を減らす です。

バックアップは管理業務において重要な作業ですが、テープドライブなどの取り扱いをする機会が少ないことや、バックアップからの復元が必要となることが希であることなどによる習熟度の低さ、またデータの肥大化によるバックアップ作業の困難さなど、課題が多くあります。

バックアップ作業を検討する上でまず確認しなければならないのが、バックアップ対象となるデータの容量の見積もりです。データ全体としての容量はもちろんですが、書き換わるデータ量がどの程度かによってバックアップスケジュールが異なります。
システムの導入直後や1週間、1ヶ月といった単位での全体バックアップと、日々の部分バックアップをうまく組み合わせることでバックアップ容量を抑えることが、素早く復元できるようにする方法となりますが、ただし、あまり部分バックアップの回数が多いと復元作業の手間がかかってしまうので、全体と部分のバランスが重要でしょう。

バックアップ対象として書き換わる可能性があるディレクトリとしては/homeディレクトリはもちろん、/varディレクトリも含まれます。ただし、/varディレクトリには一時的に書き込まれているだけのファイルも多数あるので、すべてをバックアップ対象にすべきかどうかは利用のされ方によるでしょう。

バックアップメディアの選択は、バックアップ対象はもちろんのこと、そのバックアップを復元する際に使用するハードウェアにも左右されます。ただし、CD-RやDVD-Rなどは幅広いハードウェアでサポートされていますがメディアとしての記録容量は少ないので、必ずしもバックアップメディアとして適しているわけではありません。大容量が必要な場合には、テープメディアやハードディスクなどを使用する必要があるでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ