HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする

201試験の例題と解説

206.1ソースからプログラムをmakeしてインストールする

今回は201試験の試験範囲から「206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする」についての例題を解いてみます。


■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする>
重要度 4

<説明>ソースから実行プログラムをビルドしてインストールする。
これには、ソースファイルの展開も含まれる。

<主要な知識範囲>
・一般的な圧縮およびアーカイブユーティリティを使用して、ソースコード
  を展開する
・プログラムをコンパイルするmakeの実行について基本を理解する
・configureスクリプトにパラメーターを適用する
・デフォルトでソースがどこに格納されるかを知っている

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/usr/src/
・gunzip
・gzip
・bzip2
・tar
・configure
・make
・uname
・install


■例題
unameコマンドの説明として間違っているものを選びなさい。

1. 使用中のカーネルのバージョンを表示する
2. 使用しているCPUの種類を表示する
3. ホスト名を表示する
4. 実行したユーザー名を表示する


※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. 実行したユーザー名を表示する です。

unameコマンドは、実行中のシステムの情報を表示してくれるコマンドなので、ソースコードからmakeを行ってバイナリを作成する際に必要となる基礎情報を提供してくれる重要なコマンドです。ソースコードからのmakeはもちろん、コンパイル済みのパッケージを正しく選択する際にも使うことがありますので、出力を覚えておく必要があります。

 

○unameコマンドの実行例
$ uname -a
Linux host.example.com 2.6.16.33 #3 SMP Sat Mar 10 19:23:27 JST 2007
i686 i686 i386 GNU/Linux

$ uname -s
Linux
$ uname -n
host.example.com
$ uname -r
2.6.16.33
$ uname -v
#3 SMP Sat Mar 10 19:23:27 JST 2007
$ uname -m
i686
$ uname -p
i686
$ uname -i
i386
$ uname -o
GNU/Linux


それぞれのオプションは以下のような意味になります。

-s OSの名称を表示
-n マシンのホスト名を表示
-r OSのリリースを表示
-v OSのバージョンを表示
-m マシンの種類を表示
-p プロセッサの種類を表示
-i プラットホーム名を表示
-o OSの種類を表示


なんだか似たようなオプションが存在していますので、とりあえず-r、-m あたりの出力を見て環境を判断するようにすればよいでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ