HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説205.3 ネットワークの問題を解決する

201試験の例題と解説

205.3ネットワークの問題を解決する

今回は201試験の試験範囲から「205.3 ネットワークの問題を解決する」についての例題を解いてみます。


■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<205.3 ネットワークの問題を解決する>
重要度 5

<説明>
一般的なネットワーク設定に関する問題を特定して解決する。これには、基本的な設定ファイルの位置とコマンドに関する知識も含まれる。

<主要な知識範囲>
・アクセスを制限するファイルの配置と内容
・Ethernetネットワークインターフェイスを設定および操作するユーティリティ
・ルーティングテーブルを管理するユーティリティ
・ネットワークの状態を表示するユーティリティ
・ネットワーク設定に関する情報を得るユーティリティ
・ハードウェアの認識と利用に関する情報を得る方法
・システムの初期化ファイルとその内容(SysVのinitプロセス)

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/sbin/ifconfig
・/sbin/route
・/bin/netstat
・/etc/networkまたは/etc/sysconfig/network-scripts/
・/var/log/syslogおよび/var/log/messagesなどのシステムのログファイル
・/bin/ping
・/etc/resolv.conf
・/etc/hosts
・/etc/hosts.allowおよび/etc/hosts.deny
・/etc/hostnameまたは/etc/HOSTNAME
・/bin/hostname
・/usr/sbin/traceroute
・/usr/bin/dig
・/bin/dmesg
・/usr/bin/host


■例題
外部からネットワーク経由でLinuxホストに接続出来ない場合、確認すべき項目として適切でないものを選びなさい。

1. Linuxホストでのホスト名が正しく設定されていることをhostnameコマンドで確認する
2. LinuxホストのIPアドレスが正しく名前解決できていることをdigコマンドで確認する
3. Linuxホストにパケットが到達しているかどうかをpingコマンドで確認する
4. LinuxホストでネットワークインターフェースにIPアドレスが正しく設定されていることをifconfigコマンドで確認する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1. Linuxホストでのホスト名が正しく設定されていることをhostnameコマンドで確認する です。

Linuxホストへのネットワーク接続が行えない、というトラブルはよく発生することです。特に色々と設定を変更しているような際には、気がつかないうちに接続出来なくなっていることがあるでしょう。

最もよくある例が、いつのまにかネットワークインターフェースが無効になっているといった、Linuxホスト側のネットワークの問題です。ネットワークインターフェースが有効でも、その外側にiptablesなどでパケットフィルタリングが働いていて、到達できないというのもよくあるパターンです。適切なポート番号への接続が許可されているかどうかなども確認が必要でしょう。

pingコマンドはICMPを使った到達確認の方法ですが、経路やLinuxホスト側でICMPを通さない、pingに対する反応を返さないように設定されていると、問題解決に繋がらないことも多いですが、トラブルシューティングの基本中の基本と言えるでしょう。

Linuxのホスト名は、/etc/hostsにデフォルトで書き込まれるなど、動作の補助的な役割は果たしますが、外部からのアクセスについてはDNSなどLinuxホスト以外での名前解決が有効になっていることが重要です。ネットワークトラブルの多くは名前解決に起因することが多いので、こちらについても確認の手段を明確にしておく必要があるでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ