HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説204.3 論理ボリュームマネージャ

201試験の例題と解説

204.3論理ボリュームマネージャ

今回は201試験の試験範囲から「204.3 論理ボリュームマネージャ」についての例題を解いてみます。


■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<204.3 論理ボリュームマネージャ>
重要度 3

<説明>
論理ボリューム、ボリュームグループ、および物理ボリュームの作成および削除を行う。これには、スナップショットと論理ボリュームのサイズ変更が含まれる。

<主要な知識範囲>
・LVMスイートのツール
・論理ボリューム、ボリュームグループ、物理ボリュームのサイズ変更、
  名前変更、作成および削除
・スナップショットの作成と維持
・ボリュームグループの有効化

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/sbin/pv*
・/sbin/lv*
・/sbin/vg*
・tar
・mount
・/dev/mapper/


■例題
論理ボリュームマネージャの説明として間違っているものを選びなさい。

1. 物理ボリュームは複数のハードディスクに作成できる
2. ボリュームグループは1つ以上の物理ボリュームで構成される
3. 論理ボリュームはext3ファイルシステムでしか使用できない
4. スナップショットを作成して、論理ボリュームの状態を保存できる

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. 論理ボリュームはext3ファイルシステムでしか使用できない です。

論理ボリュームマネージャ(LVM:Logical Volume Manager)は、従来の物理パーティションを使用する方式に比べて、柔軟性の高いディスク管理が行える仕組みです。LVMでは、物理パーティションを物理ボリューム、いくつかの物理ボリュームを束ねたものをボリュームグループと呼び、このボリュームグループから必要な容量の論理ボリュームを切り出して使用します。

論理ボリュームは、Linuxからは通常のデバイスとして見ることができるので、様々なファイルシステムとして初期化して使用することが出来ます。

LVMの特徴の一つとして、スナップショットがあげられます。スナップショットを作成すると、作成時点でのデータはスナップショットが破棄されるまでずっと保持され続けるので、バックアップなどが容易になります。
もちろん、スナップショットを作成しても、データに対する書き込みは通常通り可能です。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ