HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説203.2 Linuxファイルシステムの保守

201試験の例題と解説

203.2Linuxファイルシステムの保守

今回は201試験の試験範囲から「203.2 Linuxファイルシステムの保守」についての例題を解いてみます。


■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<203.2 Linuxファイルシステムの保守>
重要度 3

<説明>
システムユーティリティを使用して、Linuxファイルシステムを適切に保守する。これには、標準的なファイルシステムの操作も含まれる。

<主要な知識範囲>
・ext2およびext3を操作するツールとユーティリティ
・reiserfs V3を操作するツールとユーティリティ
・xfsを操作するツールとユーティリティ

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・fsck (fsck.*)
・badblocks
・mkfs (mkfs.*)
・dumpe2fs
・debugfs、debugreiserfs
・tune2fs、reiserfstune
・mkswap


■例題
mkswapコマンドについての説明として間違っているものを選びなさい。

1. mkswapコマンドでパーティションをスワップ領域にすることができる
2. mkswapコマンドでファイルをスワップ領域にすることができる
3. mkswapコマンドでLVM領域にスワップ領域を作成できる
4. mkswapコマンドで作成するスワップ領域のサイズを指定する必要がある

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. mkswapコマンドで作成するスワップ領域のサイズを指定する必要がある です。

mkswapコマンドは、Linuxの仮想メモリが使用するスワップ領域を作成するコマンドです。仮想メモリは、物理メモリが必要な時に使用していない、使用頻度の低いメモリブロックをディスク上のスワップ領域に待避(スワップアウト)する仕組みです。

スワップ領域を作成する対象としてmkswapコマンドの引数に指定できるのは、ハードディスクのパーティションとファイルです。パーティションとしては基本パーティションや論理パーティションのほか、LVMで作成した論理ボリュームをスワップ領域とすることもできます。また、ファイルシステム上に作成されたファイルもスワップ領域として使用できます。一時的にスワップ領域を増やしたいような場合には、簡単に作成できるファイルをスワップ領域として使用する方法が良いでしょう。

作成したスワップ領域は、swaponコマンドでスワップ領域として使用可能となります。

mkswapコマンドでのスワップ領域の作成は、指定された対象すべてをスワップ領域として初期化するため、サイズは特に指定する必要はありません。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ