HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説202.1 システムの起動とブートプロセスの カスタマイズ

201試験の例題と解説

202.1システムの起動とブートプロセスの カスタマイズ

今回は201試験の試験範囲から「202.1 システムの起動とブートプロセスのカスタマイズ」についての例題を解いてみます。


■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<202.1 システムの起動とブートプロセスのカスタマイズ>
重要度 4

<説明>
さまざまなランレベルのシステムサービスの動作を照会および変更する。
initの構造とブートプロセスについての完全な理解が必要。これには、ランレベルの操作も含まれる。

<主要な知識範囲>
・LSB(Linux Standard Base Specification:Linux標準仕様)

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/etc/inittab
・/etc/init.d/
・/etc/rc.d/
・insserv
・chkconfig
・update-rc.d


■例題
システムサービス起動中にエラーが発生してシステム起動が正常に行われない。
対応方法として間違っているものを選びなさい。

1. シングルユーザーモードで起動する
2. ランレベルを変更して起動する
3. fsckを実行する
4. /etc/rc.d内でエラーを起こしているシステムサービスを除外する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. fsckを実行する です。

Linuxのシステム起動は、Linuxカーネル起動後、initプロセスが起動し、/etc/inittabの記述に従ってシステムサービスを起動していきます。このシステムサービス起動中に発生するエラーは、たとえばカーネルモジュールがロードされていなかったり、サービス起動の順番が間違っていたりすることで発生します。

多くのエラーはエラーが発生してそのシステムサービスが起動できずに終わりますが、カーネルの機能と密接に関係しているサービスの場合には、最悪カーネルパニックを起こしてシステムが停止してしまいます。
このような状況の場合には、シングルユーザーモードで起動したり、/etc/rc.d内にあるシステムサービス起動用のスクリプト(実際には/etc/init.d以下へのシンボリックリンク)を除外するなどして、該当するシステムサービスが起動しないように対応する必要があります。

該当するサービスが特定のランレベルで起動する場合には、ランレベルを変更して起動することで一時的にシステムを起動させることも可能です。
ランレベルの変更は、ブートローダーのカーネルへのオプションで一時的に変更ができます。

fsckはシステムを異常終了したような場合にファイルシステム上の不整合を修正するのに使用します。例題のようにシステムサービスの起動に不具合があるような場合にはあまり関係がありません。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ