HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説201.1 カーネルの構成要素

201試験の例題と解説

201.1カーネルの構成要素

今回は201試験の試験範囲から「201.1 カーネルの構成要素」についての例題を解いてみます。


■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<201.2 カーネルのコンパイル>
重要度 2

<説明>
カーネルを適切に設定し、Linuxカーネルの特定の機能を必要に応じて取り込む、または無効化する。これには、必要に応じてLinuxカーネルをコンパイルまたは再コンパイルする、新しいカーネルに更新や変更を書き込む、initrdイメージを作成する、新しいカーネルをインストールするなども含まれる。

<主要な知識範囲>
・/usr/src/linux/
・GRUBの構成ファイル
・カーネル2.6.xのmakeオプション

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・mkinitrd
・mkinitramfs
・make
・makeオプション(config、xconfig、menuconfig、oldconfig、cloneconfig、
  prepare-all、mrproper zImage、bzImage、modules、modules_install)


■例題
起動RAMディスクinitrdについての解説で間違っているものを選びなさい。

1. カーネルに組み込まれていないモジュールを読み込むのに利用する
2. 読み取り専用で/(ルートディレクトリ)にマウントされる
3. カーネルのコンパイル時に.configファイルの設定に従って作成される
4. 使用する起動RAMディスクはブートローダーで指定する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. カーネルのコンパイル時に.configファイルの設定に従って作成される です。

Linuxカーネルのコンパイルは、make configなどで作成した.configファイルに従って、ある機能はカーネルに組み込み、ある機能はモジュール化して動的に読み込むようになっています。起動RAMディスクinitrdの役割は、カーネルに組み込まれてはいないが、システムの初期化時に必要に応じて読み込みたいモジュールを提供するために利用されます。

initrdは起動RAMディスクと呼ばれる通り、カーネルが起動した後にディスクとして読み込まれ/(ルート)ディレクトリにマウントされます。RAM上に展開されるファイルシステムなので、書き込みを行ったとしても元のファイルには反映されませんので、読み取り専用としてマウントしています。必要となるモジュールを読み込むと、アンマウントされて本来の/ディレクトリがハードディスクなどからマウントされます。

initrdはmkinitrdコマンドで作成されますが、カーネルコンパイル後、make install時に自動的に作成されます。もし自分でinitrdに組み込みたいモジュールがある場合には、手動でmkinitrdコマンドを実行します。

起動時に使用するinitrdは、ブートローダーで指定します。たとえばGRUBの場合には、gurb.confにinitrd句で指定します。

○grub.confの例
title ブートラベル
     root (hd0,0)
     kernel /vmlinuz-2.6.9 ro root=デバイス名
     initrd /initrd-2.6.9.img

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ