HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説201.1 カーネルの構成要素

201試験の例題と解説

201.1カーネルの構成要素

今回は201試験の試験範囲から「201.1 カーネルの構成要素」についての例題を解いてみます。


■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<201.1 カーネルの構成要素>
重要度 2

<説明>
特定のハードウェア、ハードウェアドライバ、システムリソース、およびさまざまな要求に必要となるカーネルの構成要素を利用する。これには、異なる種類のカーネルイメージを実装すること、安定版および開発版のカーネルとパッチを区別すること、カーネルモジュールを利用することなども含まれる。

<主要な知識範囲>    
・カーネル2.6.xのドキュメント

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/usr/src/linux
・/usr/src/linux/Documentation
・zImage
・bzImage


■例題
bzImageの説明として正しいものを選びなさい。

1. bzImageにはすべてのカーネルモジュールが含まれている。
2. bzImageにはすべてのCPUアーキテクチャのコードが含まれている
3. bzImageは新しいアーキテクチャ用のカーネルイメージである
4. bzImageは圧縮されていないのでサイズが大きい

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. bzImageは新しいアーキテクチャ用のカーネルイメージであるです。

Linuxカーネルはファイルのサイズを小さくするために圧縮されています。
さらに動作させるハードウエアの新旧によって、zImage形式とbzImage形式の2種類が存在しています。

zImage形式は、古いアーキテクチャのPCでLinuxを起動できるよう、サイズを512KB以下に制限した形式です。しかし、様々なモジュールをカーネル自体に組み込むとサイズを512KB以下に収めるのは難しくなります。

bzImage形式は、新しいアーキテクチャのPCでしか利用できませんが、zImage形式の制限である512KB以上のカーネルを扱える形式となっています。

現在、我々が利用するPCは通常bzImage形式を扱うことができますので、zImage形式を使うことはないかと思いますが、組み込み用途などのアーキテクチャで利用することがあるでしょう。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ