HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説203.1 Linuxファイルシステムを操作する

201試験の例題と解説

203.1 Linuxファイルシステムを操作する

LinuC 201試験の試験範囲から「203.1 Linuxファイルシステムを操作する」についての例題を解いてみます。
このテーマは【重要度4】と高いので、fstab設定の内容・そのパラメータまでしっかりと理解しましょう。
Linuxが稼働するシステムへ新しくディスクなどのデバイスを追加した際に活用できる内容です。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<203.1 Linuxファイルシステムを操作する>
重要度     4

<説明>
標準的なLinuxファイルシステムの適切な設定と操作。これには、各種ファイルシステムの設定およびマウントも含まれる。

<主要な知識範囲>
・fstab設定の概念
・スワップパーティションおよびファイルを操作するツールとユーティリティ
・ファイルシステムを特定しマウントするための UUID の使用
・systemd のマウントの単位について理解している

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/etc/fstab
・/etc/mtab
・/proc/mounts
・mountとumount
・blkid
・sync
・swapon
・swapoff

■例題
/etc/fstabの各フィールドについて、正しいものを選択せよ。

1.第2フィールドには、マウントポイントを記述する。
2.第3フィールドには、マウント対象のブロックスペシャルデバイスやリモートファイルシステムを記述する。
3.第5フィールドには、ブート時のfsckによるファイルシステムチェック対象かどうかを記述する。
4.第6フィールドには、dumpコマンドによるダンプ対象はどうかを記述する。

※この例題は実際の試験とは異なります

解答と解説

答えは 「1.第2フィールドには、マウントポイントを記述する。」 です。

/etc/fstabは、Linuxの起動時に読み込まれる(マウントする)ファイルシステムやパーティションなどの情報を設定するファイルです。

/etc/fatabは、「/dev/sdb3   /home   ext4   defaults   0 2」という書式で記述し、各フィールドは以下の意味を持ちます。
-------
第1フィールド:マウント対象のブロックスペシャルデバイスやリモートファイルシステムを記述。デバイスに割り当てたUUIDやLABELを使った指定も可能。
第2フィールド:マウントポイント。
第3フィールド:ファイルシステムのタイプ(ext4/iso9660/xfs/udf など)。
第4フィールド:マウントオプション(rw:読み書き可能/ro:読み取り専用/defaults:rw・suid・dev・exec・auto・nouser・asyncが含まれる など)。
第5フィールド:dumpコマンドによるダンプ対象かどうか(0:ダンプの対象ではない/1:ダンプの対象である)。
第6フィールド:ブート時のfsckによるファイルシステムチェック対象かどうか(0:対象ではない/1:対象である かつルートファイルシステム/2:対象である)。

以下、/etc/fstabのサンプルです。
[root@Xjapan ~]# cat /etc/fstab
#
# /etc/fstab
# Created by anaconda on Wed Aug 15 11:12:10 2018
#
# Accessible filesystems, by reference, are maintained under '/dev/disk'
# See man pages fstab(5), findfs(8), mount(8) and/or blkid(8) for more info
#
/dev/mapper/vg_centos6-lv_root /                       ext4    defaults        1 1
UUID=77589461-9876-448e-b22a-231ce6f71ceb /boot                   ext4    defaults        1 2
/dev/mapper/vg_centos6-lv_swap swap                    swap    defaults        0 0
tmpfs                   /dev/shm                tmpfs   defaults        0 0
devpts                  /dev/pts                devpts  gid=5,mode=620  0 0
sysfs                   /sys                    sysfs   defaults        0 0
proc                    /proc                   proc    defaults        0 0
/dev/sdb3               /home                   ext4    defaults        0 2
LABEL=var               /var                    ext4    defaults        0 0


■例題作成者
鯨井 貴博 氏(登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ