HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする

201試験の例題と解説

206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする

LinuC 201試験の試験範囲から「206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする>
重要度 2

<説明>
ソースから実行プログラムをビルドしてインストールする。これには、ソースファイルの展開も含まれる。

<主要な知識範囲>    
・一般的な圧縮およびアーカイブユーティリティを使用して、ソースコードを展開する
・プログラムをコンパイルするmakeの実行について基本を理解する
・configureスクリプトにパラメーターを適用する
・デフォルトでソースがどこに格納されるかを知っている

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・gunzip
・gzip
・bzip2
・xz
・tar
・configure
・make
・uname
・install
・patch


■例題
ソースコードからプログラムをインストールする際に使用するconfigureスクリプトについて、
正しいものを全て選択せよ。
1.Makefileを生成する
2.コンパイルを行う
3.圧縮されているソースコードを解凍する
4.プログラムインストールに必要なソフトウェアの有無を調査する

※この例題は実際の試験とは異なります。

解答と解説

答えは 1.Makefileを生成する と 4.プログラムインストールに必要なソフトウェアの有無を調査する です。

ソースコードからプログラムをインストールする手順は、以下となります。
・ソースコードを入手(ダウンロード等)
・ダウンロードしたソースコードを解凍・展開する(tar/xz/bzip2/gzip/gunzip等)
・インストールに必要なソフトウェアの有無等を調査(configureスクリプト)
・プログラムをコンパイル(make)
・インストール(make install)

configureスクリプトは、
プログラムをインストールする環境に必要なソフトウェア等が揃っているか、またそのパスはどこなのかなどを調査し、その結果をMakefileへ出力します。

なお、必要なソフトウェアがインストールする環境にない場合は、「not found」等と出力され、必要なソフトウェアがみつけられなかった事を伝えてくれます。

詳細なソースコードからのプログラムインストールについては、以下が参考になります。
http://opensourcetech.hatenablog.jp/entry/2018/05/24/nginx_1.13.12_install_from_source_codes_on_CentOS7


■例題解説作成者
鯨井 貴博 氏(登録インストラクター、LPI-Japanアカデミック認定校 Zeus IT Camp)

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ