HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説200.1 リソースの使用率の測定とトラブルシューティング

201試験の例題と解説

200.1 リソースの使用率の測定とトラブルシューティング

201試験の試験範囲から「200.1 リソースの使用率の測定とトラブルシューティング」についての例題を解いてみます。

■例題
uptimeコマンドの出力に含まれない情報はどれか、選択せよ。

1. システムが稼働し続けている時間
2. ログインしているユーザーの数
3. CPU使用率
4. ロードアベレージ(システムの平均負荷)
5. 現在の時刻

※この例題は実際の試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. CPU使用率 です。

uptimeコマンドでは、現在の時刻・システムが稼働し続けている時間・ログインしているユーザーの数・ロードアベレージ(システムの平均負荷)が確認出来ます。
ロードアベレージは左から過去1分間・5分間・15分間のシステムの平均を表しています。
なお、/procディレクトリ内のファイル(uptime、loadavg)からも同様の情報を確認出来ます。

出力例
[root@localhost ~]# uptime
 15:07:05 up 28 min,  3 users,  load average: 0.01, 0.31, 0.02
[root@localhost ~]# cat /proc/uptime(左の値が、システムが稼働し続けている秒単位の時間を表す)
1680.34 1656.74
[root@localhost ~]# cat /proc/loadavg(左から3つの値が、ロードアベレージを表す)
0.01 0.31 0.02 1/185 3515


また、同様の出力は wコマンドや topコマンドなどでも確認が出来ます。
※以下の例ですと、1行目に出力されています。

[root@localhost ~]# w
 01:13:28 up 15 min,  2 users,  load average: 0.00, 0.00, 0.00
USER     TTY      FROM              LOGIN@   IDLE   JCPU   PCPU WHAT
root     tty1     -                00:58   14:30   0.04s  0.04s -bash
root     pts/0    192.168.11.3     00:59    0.00s  0.05s  0.00s w

top - 01:13:14 up 15 min,  2 users,  load average: 0.00, 0.00, 0.00
Tasks: 108 total,   1 running, 107 sleeping,   0 stopped,   0 zombie
Cpu(s):  0.3%us,  0.0%sy,  0.0%ni, 99.7%id,  0.0%wa,  0.0%hi,  0.0%si,  0.0%st
Mem:   1020052k total,   243832k used,   776220k free,    19232k buffers
Swap:  1048572k total,        0k used,  1048572k free,    81920k cached

  PID USER      PR  NI  VIRT  RES  SHR S %CPU %MEM    TIME+  COMMAND           
    7 root      20   0     0    0    0 S  0.3  0.0   0:00.34 events/0           
    1 root      20   0 19352 1552 1236 S  0.0  0.2   0:01.02 init               
    2 root      20   0     0    0    0 S  0.0  0.0   0:00.00 kthreadd           
    3 root      RT   0     0    0    0 S  0.0  0.0   0:00.00 migration/0

■例題作成者
LPI-Japanアカデミック認定校「Zeus IT Camp」レベル3認定者 鯨井 貴博 氏




  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ