HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説203.3 ファイルシステムを作成してオプションを構成する

201試験の例題と解説

203.3 ファイルシステムを作成してオプションを構成する

今回は201試験の試験範囲から「203.3 ファイルシステムを作成してオプションを構成する」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。
<203.3 ファイルシステムを作成してオプションを構成する >
重要度 2

<説明>
AutoFSを使用して、ファイルシステムのオートマウント設定をする。これには、ネットワーク上およびデバイス上のファイルシステムに対するオートマウントの設定が含まれる。また、CD-ROMなどのデバイス用のファイルシステムの作成および暗号化されたファイルシステムの基本的な機能に関する知識も含まれる。

<主要な知識範囲>
・autofsの設定ファイル
・automount の単位を理解している
・UDF および ISO9660 のツールとユーティリティ
・その他の CD-ROM のファイルシステム (HFS)について知っている
・CD-ROM の拡張ファイルシステム (Joliet, Rock Ridge, El Torito)について知っている
・データの暗号化(dm-crypt / LUKS)についての基本的な機能の知識

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/etc/auto.master
・/etc/auto.[dir]
・mkisofs
・cryptsetup


■例題
LUKSパーティションの暗号化パスワードの設定状況を確認するcryptsetupのサブコマンドは何か。

1. luksDump
2. luksKey
3. luksList
4. luksPassword
5. luksStatus

※この例題は実際のLPIC試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 1. luksDump です。

LUKSパーティションの暗号化パスワードは、cryptsetupコマンドで8個まで設定できます。
cryptsetup に luksDumpサブコマンドを指定すると、LUKSパーティションのヘッダ情報を出力した後に、Key Slot 0?7までの状態が ENABLED(設定)、DISABLED(未設定)で表示されます。
なお、1以外のサブコマンドは存在しません。


■例題作成者 LPI-Japan 中谷徹

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPIオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ