HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説211.1 電子メールサーバの使用

201試験の例題と解説

211.1 電子メールサーバの使用

今回は202試験の試験範囲から、「211.1 電子メールサーバの使用」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要

このトピックの内容は以下の通りです。

<211.1 電子メールサーバの使用>
重要度 4

<説明>
電子メールサーバを管理する。これには、電子メールのエイリアス、クォータ、仮想ドメインの設定も含まれる。また、内部的な電子メールリレーの設定および電子メールサーバの監視も含まれる。

<主要な知識範囲>
・postfixの設定ファイル
・postfixの基本的な TLS の設定
・SMTPプロトコルに関する基本的な知識
・Sendmailとeximを知っている

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・postfixの設定ファイルとコマンド
・/etc/postfix/*
・/var/spool/postfix
・Sendmailエミュレーション層のコマンド
・/etc/aliases
・/var/log/のメール関連のログ


■例題

下記のログの解説として、適切でないものを選択してください。

------------------------------------------------------------------------------------------------
67FBB1ACA2AD: to=<user01@example.com>, relay=local, delay=54, delays=54/0.06/0/0.01, dsn=2.0.0, status=sent (delivered to mailbox)
------------------------------------------------------------------------------------------------

1. このログはpostfixのログである
2. 「67FBB1ACA2AD」はメッセージIDを表している
3. このログは、メールの配送に成功したログである
4. このログは、ローカルのメールボックスにメールを配送したログである

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「2. 「67FBB1ACA2AD」はメッセージIDを表している」です。

例題のログは、Postfixのログです。このログは以下のような意味になっています。

[キューID]: to=[配送先アドレス], relay=[リレー先], delay=[遅延時間], delays=[a/b/c/d(遅延時間詳細)], dsn=[配送状態通知], status=[ステータス]

例題にあるメッセージIDは、メールの「Message-ID」ヘッダとして付与される情報です。
このIDは、メールを識別するために、メーラーなどがメール毎に付与するIDです。
IDの規則は明確には決まっていませんが、時間情報やドメインやIPアドレス、ホスト名などを使って
作成されます。

[メッセージIDの例]
Message-Id: <20170703040002.4E6D9988DC7@mail.example.com>

対してキューIDは、Postfixがメールを管理するために付与するIDです。
メール毎に例題のようなランダムな英数字のIDが割り当てられます。
Postfixは、メールを受け取って配送するまでに、複数のログを出力します。
メールを複数受け取っていると、同じメールのログが連続して出力されるとは限りません。
そのため、Postfixのログを参照する場合、どのログが同じメールのログなのか判断するためにキューIDを利用します。

リレー先は、メールの配送先です。今回の場合は、メールを受け取ったPostfix自身のメールボックスに配送しているため、「local」と出力されています。他のメールサーバに転送している場合は、IPアドレスやドメインの情報が出力されます。

delayは、Postfixがメールを受け取ってから配送するまでに、必要とした時間です。
またdelaysは、その詳細になります。

dnsは、配送状態通知の情報です。
2.0.0は正常に配信できたことを示すコードです。
エラーの場合は、エラーコードが出力されます。

statusは、配送ステータスの情報です。sentは正常に配信できたことを示すメッセージです。
エラーの場合は、エラーメッセージが出力されます。


メールだけでなく、システムのログ全般に言えることですが、ログには多くの情報が記載されています。
正しくログの内容を把握して、トラブル発生時にすぐに対応できるようにしておきましょう。


■例題作成者
株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ