HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説203.1 Linuxファイルシステムを操作する

201試験の例題と解説

203.1 Linuxファイルシステムを操作する

今回は201試験の試験範囲から「203.1 Linuxファイルシステムを操作する 」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。
<203.1 Linuxファイルシステムを操作する >
重要度 4

<説明>
標準的なLinuxファイルシステムの適切な設定と操作。これには、各種ファイルシステムの設定およびマウントも含まれる。

<主要な知識範囲>
・fstab設定の概念
・スワップパーティションおよびファイルを操作するツールとユーティリティ
・ファイルシステムを特定しマウントするための UUID の使用
・systemd のマウントの単位について理解している

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/etc/fstab
・/etc/mtab
・/proc/mounts
・mountとumount
・blkid
・sync
・swapon
・swapoff


■例題
mount コマンドを引数なしで実行すると、現在のマウント状態を表示するが、
その情報を格納しているファイルは何か。パスを含めたフルパスで答えよ。

[             ]

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは /etc/mtab です。

システムの起動時の自動マウントや手動での mount/umountを実行すると
/etc/mtab にその情報が格納されます。
mountコマンドを引数なして実行すると /etc/mtab を参照して表示します。

■例題作成者 LPI-Japan 中谷徹
 
  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ