HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説202.2 システムのリカバリ

201試験の例題と解説

202.2 システムのリカバリ

今回は201試験の試験範囲から「202.2 システムのリカバリ」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要

このトピックの内容は以下の通りです。

<202.2 システムのリカバリ>
重要度 4

<説明>
ブートプロセスの最中またはリカバリモードでのLinuxシステムを適切に操作する。これには、initユーティリティおよびカーネルのinit関連オプションの使用も含まれる。ブートローダのロードおよび使用に関するエラーの原因を特定する。関連するブートローダはGRUBバージョン2とGRUB Legacyである。BIOS と UEFI のシステム両方をカバーします。

<主要な知識範囲>
・BIOS と UEFI
・NVMe booting
・GRUBバージョン2 およびGRUB Legacy
・grub shell
・ブートローダの開始とカーネルへの引継ぎ
・カーネルのロード
・ハードウェアの初期化と設定
・デーモン / サービスの初期化と設定
・ハードディスクまたはリムーバルデバイスにおける、ブートローダのさまざまなインストール場所を知っている
・ブートローダの標準的なオプションの変更とブートローダのシェルの使用
・systemd のrescue モードと emergency モード

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・mount
・fsck
・SysV init と inittab, telinit および init
・/boot/, /boot/grub/ および /boot/efi/ の内容
・EFI System Partition (ESP)
・GRUB
・grub-install
・efibootmgr
・UEFI shell
・initrd, initramfs
・Master boot record
・systemctl

■例題
Linuxシステムのメンテナンスが必要になったため、シングルユーザのモードにしたい。マルチユーザモードから切り替えるためのsystemdのコマンドは次のうちどれか。2つ選びなさい。

1. telinit 0
2. telinit 1
3. systemctl isolate runlevel0.target
4. systemctl isolate runlevel1.target
5. systemctl isolate rescue.target

※この例題は実際のLPIC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4.systemctl isolate runlevel1.target と 5.systemctl isolate rescue.target です。

1、telinit 0  はシステムを停止する SysV initのコマンドで、不正解です。
2、telinit 1  はシステムをシングルユーザモードに移しますが SysV initのコマンドなので不正解です。
3、systemctl isolate runlevel0.target はシステムを停止する systemdのコマンドで、不正解です。

■例題作成者 LPI-Japan 中谷徹

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ