HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説202.1 システムの起動をカスタマイズする

201試験の例題と解説

202.1 システムの起動をカスタマイズする

今回は201試験の試験範囲から「202.1 システムの起動をカスタマイズする」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要

このトピックの内容は以下の通りです。

<202.1 システムの起動をカスタマイズする>
重要度 3

<説明>
さまざまなターゲット/ランレベルのシステムサービスの動作を照会および変更する。systemd、SysV init と Linux
のブートプロセスについての完全な理解が必要。これには、systemd
ターゲットと SysV init のランレベルの操作も含まれる。

<主要な知識範囲>
・Systemd
・SysV init
・Linux Standard Base (LSB) の仕様 

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/usr/lib/systemd/
・/etc/systemd/
・/run/systemd/
・systemctl
・systemd-delta
・/etc/inittab
・/etc/init.d/
・/etc/rc.d/
・chkconfig
・update-rc.d
・init と telinit


■例題

systemdの起動設定ファイルの内、変更したファイルの一覧を表示するコマンドは次のうちどれか。

1. systemd-updated
2. update-rc.d
3. config-updated
4. systemd-delta
5. chkconfig

※この例題は実際のLPIC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. systemd-delta です。

2.のupdate-rc.d は、/etc/init.d配下のスクリプトについて、/etc/rcX.d配下にリンクを作成し、プログラムを起動したり終了したりという動作を制御するためのSysV init のコマンドです。

5.のchkconfigは、利用可能なサービスと現在の設定を表示したり、指定したサービスをどのランレベルで起動するかを設定するSysV initのコマンドです。

4.の正解のsystemd-delta は、systemdの起動設定ファイルの更新されたファイルの一覧を表示するコマンドです。

1.のsystemd-updated, 3のconfig-updated というコマンドはありません。


■例題作成者
LPI-Japan 中谷徹

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPIオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ