HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説206.2 バックアップ操作

201試験の例題と解説

206.2 バックアップ操作

今回は201試験の試験範囲から、「206.2 バックアップ操作」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<206.2 バックアップ操作>
重要度 3

<説明>
重要なシステムデータをバックアップするシステムツールを使用する。

<主要な知識範囲>
・バックアップに含める必要があるディレクトリについて知っている
・Amanda、Bacula、BackupPCなどのネットワークバックアップソリューションについて知っている
・テープ、CD-R、ディスク、またはその他のバックアップメディアの利点と欠点を知っている
・部分的および手作業によるバックアップを実行する
・バックアップファイルの整合性を確認する
・バックアップを部分的または完全に復元する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
/bin/sh
dd
tar
/dev/st* and /dev/nst*
mt
rsyn


■例題
バックアップメディアの説明として、適切なものを選択してください。

1. 磁気テープは、大容量かつランダムアクセスが可能なメディアである
2. ハードディスクは、大容量だが比較的障害に弱いメディアである
3. DVDはデータの上書きはできない
4. フラッシュメモリは、容量は小さいが長期間の利用が可能なメディアである

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「2、ハードディスクは、大容量だが比較的障害に弱いメディアである」です。

データのバックアップは、どこに保存しておくかということが非常に重要です。
そのためにはバックアップを保存するメディアの性質を理解する必要があります。

例題に挙げたメディアについて、メリット・デメリットを説明します。

・磁気テープ
磁気テープは、大容量のバックアップデータを保存できます。
ただし、テープの性質上、ランダムアクセスができないため、データを利用する場合には、データを順に読み取っていかなければならないという特徴があります。

・ハードディスク
ハードディスクは、近年では大容量のデータを保存できるようになりました。
またランダムアクセスが可能なため、バックアップの世代管理が比較的容易に行えます。
ただし、衝撃に弱いという特徴や、ホコリの混入などによっても故障が起こる可能性があり、数年で交換が必要になります。

・DVD
DVDは磁気テープやハードディスクに比べて、低コストで利用できます。
またDVDの規格によりますが、書き換えも可能です。
ただし、保存できる容量は小さいです。

・フラッシュメモリ
フラッシュメモリは、読み書きが可能で、近年では大容量化しています。
また手軽に持ち運びができるという特徴もあります。
ただし、電気的な刺激に弱いことや、書き込みの無い状態でも経年劣化するため、長期的なデータの保存に向いているとはいえません。


システムを保全する上で、バックアップを取ることは非常に重要です。
データを守るために、メディアの性質を考えてバックアップを取るようにしましょう。

■例題作成者
株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ