HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説202.1 システムの起動をカスタマイズする

201試験の例題と解説

202.1 システムの起動をカスタマイズする

今回は201試験の試験範囲から「202.1 システムの起動をカスタマイズする」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<202.1 システムの起動をカスタマイズする>
重要度 3

<説明>
さまざまなランレベルのシステムサービスの動作を照会および変更する。
initの構造とブートプロセスについての完全な理解が必要。これには、ランレベルの操作も含まれる。

<主要な知識範囲>
・Linux Standard Base Specification (LSB) 
・SysV initの環境

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/etc/inittab
・/etc/init.d/
・/etc/rc.d/
・chkconfig
・update-rc.d
・init and telinit


■例題

SysV initの動作として間違っているものを選びなさい。

1. カーネル起動後、initプロセスが起動する
2. initプロセスは/etc/inittabの設定に従って実行される
3. initプロセスはランレベル3になった後、場合によりランレベル5になる
4. initプロセスが各種サービスを呼び出すには/etc/init.d/内のスクリプトを実行する

※この例題は実際のLPIC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. initプロセスはランレベル3になった後、場合によりランレベル5になる です。

SysV initの仕組みは、Linuxカーネルの起動後、様々なサービスプロセスを呼び出してシステムを構成するためのものです。

カーネル起動後、まずinitプロセスが起動されます。initプロセスの設定ファイルである/etc/inittabには、デフォルトのランレベルが記述されています。たとえば、デフォルトのランレベルが3だった場合、/etc/rc.d/rc3.d/ディレクトリに作成されているシンボリックリンクを実行することで、そのランレベルに必要なサービスプロセスを起動します。このシンボリックリンクは、/etc/init.d/ディレクトリ内に存在するサービス起動・停止スクリプトへのリンクとなっています。

ランレベルは0から6までありますが、それぞれのランレベルは独立しています。そのため、設問のように3から5になって起動する、という流れではなく、デフォルトがランレベル3ならば起動後はランレベル3で起動し、起動後にランレベルを変更することができます。たとえば、ランレベル6ならば再起動の処理、ランレベル0ならばシステムの停止(シャットダウン)と同じ意味になります。

最近のディストリビューションでは、SysV initやUpstartからsystemdに変わりつつありますが、SysV initを管理したりすることもまだまだあると思いますので、しっかりと仕組みを理解しておきましょう。


■例題作成者
株式会社びぎねっと 代表取締役社長 宮原徹氏

※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPIオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ