HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説201.3 カーネル実行時における管理とトラブルシューティング

201試験の例題と解説

201.3 カーネル実行時における管理とトラブルシューティング

今回は201試験の試験範囲から「201.3 カーネル実行時における管理とトラブルシューティング」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<201.3 カーネル実行時における管理とトラブルシューティング>
重要度 4

<説明>
2.6.xまたは3.xカーネルとそのロード可能なモジュールについての管理や照会ができる。ブートおよび実行時の一般的な問題を特定および修正することができる。udevを使用したデバイスの検知と管理について理解する。
これには、udevルールのトラブルシューティングが含まれる。

<主要な知識範囲>
・コマンドラインユーティリティを使用して、現在実行中のカーネルおよびカーネルモジュールに関する情報を取得する
・手作業でカーネルモジュールをロードおよびアンロードする
・モジュールをアンロードできるタイミングを判断する
・モジュールが受け取るパラメータを判断する
・モジュールをファイル名ではなく別の名前でロードできるようにシステムを設定する
・/proc filesystem
・/, /bootおよび /lib/modules の内容
・利用可能なハードウェアに関する情報を分析するツールおよびユーティリティ
・udevルール

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/lib/modules/kernel-version/modules.dep
・/etc内のモジュール設定ファイル
・/proc/sys/kernel/
・/sbin/depmod
・/sbin/rmmod
・/sbin/modinfo
・/bin/dmesg
・/sbin/lspci
・/usr/bin/lsdev
・/sbin/lsmod
・/sbin/modprobe
・/sbin/insmod
・/bin/uname
・/usr/bin/lsusb
・/etc/sysctl.conf, /etc/sysctl.d/
・/sbin/sysctl
・udevmonitor
・udevadm monitor
・/etc/udev


■例題
ネットワークインターフェースに障害が発生したため交換を行った。
以前の設定を引き継がせるために行う必要がある作業として正しいものを選びなさい。

1. modprobeコマンドを実行する
2. modules.depを修正する
3. udevルールを修正する
4. ifconfigコマンドを実行する

※この例題は実際のLPIC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. udevルールを修正する です。

ネットワークインターフェースはそれぞれ固有のMACアドレスを持っています。Linuxでは、このMACアドレスとネットワークインタフェースの名前を紐付けるためにudevを利用しています。

たとえば、CentOS 6では、以下のようにudevのためのルールを記述したファイルが作られています。

○udev用のルールを確認
# cat /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
(略)
# PCI device 0x1af4:0x1000 (virtio-pci)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}
=="00:1c:42:42:e9:10", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0"


このように、MACアドレスとeth0というインターフェース名が紐付けられています。udevは起動時に新しいデバイスを認識すると新しいルールを追加します。この場合、eth1という名前のインターフェース名と紐付けられるルールが作成されることになります。

もし、以前のeth0の設定を引き継がせたい場合には、以前のeth0用のルールを削除し、新たに作られたeth1用のルールをeth0に書き換えて再起動することで、新しいインターフェースがeth0として認識されるはずです。

また、NetworkManagerを使用していると、設定ファイルifcfg-eth0の中にMACアドレスが記述されており、こちらの設定も合わせて変更する必要があるかもしれません。

○ネットワークインタフェースの設定ファイルの確認
# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE=eth0
TYPE=Ethernet
(略)
NAME="System eth0"
HWADDR=00:1C:42:42:E9:10


modprobeコマンドは、依存関係を解消しながらモジュールをロードするコマンドです。

modules.depファイルは、モジュールの依存関係が記述されたファイルです。

ifconfigコマンドは、ネットワークインタフェースの設定を確認したり、設定を動的に行うためのコマンドです。


■例題作成者
株式会社びぎねっと 代表取締役社長 宮原徹氏

※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。


  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPIオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ