HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説201.1 カーネルの構成要素

201試験の例題と解説

201.1 カーネルの構成要素

今回は201試験の試験範囲から「201.1 カーネルの構成要素」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<201.1 カーネルの構成要素>
重要度 2

<説明>
特定のハードウェア、ハードウェアドライバ、システムリソース、およびさまざまな要求に必要となるカーネルの構成要素を利用する。これには、異なる種類のカーネルイメージを実装すること、安定版および開発版のカーネルとパッチを区別すること、カーネルモジュールを利用することなども含まれる。

<主要な知識範囲>
・Kernel 2.6.x のドキュメント
・Kernel 3.x のドキュメント

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/usr/src/linux
・/usr/src/linux/Documentation
・zImage
・bzImage


■例題

カーネルモジュールとして実装されていないものを選びなさい。

1. デバイスドライバ
2. ファイルシステム
3. GUI
4. パケットフィルタ

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 3. GUI です。

カーネルモジュールは、カーネル本体とは別に用意され、必要に応じてメモリに読み込む(ロード)ことでカーネルの機能を拡張する仕組みです。使っていないカーネルモジュールは動的に削除(アンロード)することもできます。

カーネルモジュールとして実装されるものの代表例はデバイスドライバです。使用するデバイスによって必要となるデバイスドライバが異なります。逆にデバイスドライバが正しくロードされていないと、そのデバイスは使用できないことになります。

ファイルシステムもカーネルモジュールとして実装されています。そのため、適切なファイルシステムモジュールがロードされていないと、対応したファイルシステムで初期化されたストレージの内容を読み書きすることができません。

パケットフィルタも、カーネルの機能として実装されています。
iptablesやfirewalldなどを使うためには、適切なカーネルモジュールが読み込まれている必要があります。

X Window SystemなどのGUIは、複数のユーザープロセスの組み合わせによって画面の表示などを行っています。


■例題作成者
株式会社びぎねっと 代表取締役社長 宮原徹氏

※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ