HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする

201試験の例題と解説

206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする

今回は201試験の試験範囲から、「206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする>
重要度 2

<説明>
ソースから実行プログラムをビルドしてインストールする。これには、ソースファイルの展開も含まれる。

<主要な知識範囲>
・一般的な圧縮およびアーカイブユーティリティを使用して、ソースコードを展開する
・プログラムをコンパイルするmakeの実行について基本を理解する
・configureスクリプトにパラメーターを適用する
・デフォルトでソースがどこに格納されるかを知っている


<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
/usr/src/
gunzip
gzip
bzip2
tar
configure
make
uname
install
patch


■例題
tar.gz形式でアーカイブされた一般的なソースコードをコンパイルする場合に、
不要な手順を選択してください。

1. tar xzf source.tar.gz
2. cd source && ./configure
3. make clean
4. make

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「3. make clean」です。

make cleanは、コンパイル後に作成されたファイルを削除するためのコマンド/オプションです。
コンパイルを行う時には必要ありません。

次にそれぞれの解説です。
一般的な、特にC言語で作られているプログラムは、tar.gz形式でアーカイブされていることが多くあります。このようなソースコードをコンパイルして、インストールする手順は大まかに以下のようになります。

- ソースコードをtarコマンドで展開する
- ソースコードに含まれるconfifureスクリプトを実行し、ソフトウェアが動作する環境に合わせたMakefileを作成する
- makeコマンドを実行し、Makefileの情報からソースコードをコンパイルする
- make installを実施してソフトウェアをインストールする


configureやmakeは、それだけで一冊の本ができるぐらい奥の深いものです。より掘り下げて勉強すると、非常に面白いのでぜひ勉強してみてください。

また上記で紹介した方法は、あくまで一般的な方法です。
ソフトウェア毎に方法が異なる場合もありますので、READMEや公式のマニュアルをよく読んでインストールを行いましょう。


■例題作成者
株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ