HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説200.2 将来のリソース需要を予測する

201試験の例題と解説

200.2 将来のリソース需要を予測する

今回は201試験の試験範囲から「200.2 将来のリソース需要を予測する」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<200.2 将来のリソース需要を予測する>
重要度 2

<説明>
リソース使用率を監視して、将来のリソース需要を予測できること。

<主要な知識範囲>
・collectdを使用してITインフラの使用を監視する
・システム構成でのキャパシティの限界点を予測する
・リソース使用量の増加率を観察する
・リソース使用量の傾向をグラフ化する
・Nagios、MRTG、Cacti といった監視ツールを知っている

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・診断
・増加率予測
・リソース消費


■例題

リソース需要の予測で間違っているものを選びなさい。

1. collectdを使うと、様々なリソースの使用状況を監視できる
2. collectdはプラグイン形式で様々なリソース監視に対応する
3. リソース使用状況をグラフ化して時間軸での変化を把握すると将来予測に役立つ
4. システム間の使用状況を比較して、リソースの限界使用量を予測する

※この例題は実際のLinuC試験とは異なります。

解答と解説

答えは 4. システム間の使用状況を比較して、リソースの限界使用量を予測する です。

システムの使用状況を把握するには、様々なツールを使用して情報を収集し、それをさらに時間軸でグラフ化することで状態の変化を把握しやすくなります。もし、その変化が上昇傾向の場合、どこかでシステム性能の限界に到達する可能性があるので、システム増強などの対応策を講じる必要があります。

collectdは、プラグイン形式で様々なリソースの監視が行えるので、Linuxシステムでよく使用されている監視ツールです。CPUやメモリ、ネットワークなど、主だったリソースの監視が行えます。監視して、収集したデータを分析する際には、グラフ化ツールを使用して、変化(トレンドともいう)を把握しやすくするとよいでしょう。

限界予測には、システム間を比較しても、それぞれのシステムの負荷状況は当然異なるので、あくまでシステム毎の繁閑の比較程度にしかなりません。それよりも、負荷ツールを使ってそのシステムのリソース使用の限界を探っておき、指標(物差し)とする方が現実的でしょう。特にストレージなどは性能劣化の原因になりやすいので、どの程度の性能が限界になるかを事前に把握しておきたいところです。IOPS(1秒あたりの読み書き性能)など、ベンチマークツールを使って基本性能を測定しておくことで、その結果との比較で限界性能の予測が可能になるでしょう。


■例題作成者
株式会社びぎねっと 代表取締役社長 宮原徹氏

※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ