HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説206.3 システム関連の問題をユーザに通知する

201試験の例題と解説

206.3 システム関連の問題をユーザに通知する

今回は201試験の試験範囲から、「206.3 システム関連の問題をユーザに通知する」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<206.3 システム関連の問題をユーザに通知する>
重要度 1

<説明>
現在発生しているシステム関連の問題についてユーザに通知する。

<主要な知識範囲>

    ログオンメッセージを使用してユーザへの通知を自動的に行う
    アクティブなユーザにシステムの保守を通知する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
    /etc/issue
    /etc/issue.net
    /etc/motd
    wall
    /sbin/shutdown

■例題
説明として適切なものを選択してください。

1. /etc/issueに設定されたメッセージは、コンソールからのログイン後に表示される
2. /etc/issue.netに設定されたメッセージは、ネットワークからのログイン後に表示される
3. /etc/motdに設定されたメッセージは、ログイン後に表示される
4. /etc/motdに設定されたメッセージは、ログイン前に表示される

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 3. /etc/motdに設定されたメッセージは、ログイン後に表示される」です。

それぞれの解説は以下の通りです。

「1. /etc/issueに設定されたメッセージは、コンソールからのログイン後に表示される」

/etc/issueに設定されたメッセージは、コンソールからのログイン前に表示されます。
ログイン後ではないので、この選択肢は誤りです。

「2. /etc/issue.netに設定されたメッセージは、ネットワークからのログイン後に表示される」
/etc/issue.netに設定されたメッセージは、ネットワークからのログイン前に表示されます。
こちらもログイン後ではないので、この選択肢は誤りです。

「3. /etc/motdに設定されたメッセージは、ログイン後に表示される」
/etc/motdに設定されたメッセージは、ユーザのログイン後に表示されるため、
この選択肢が正解です。

「4. /etc/motdに設定されたメッセージは、ログイン前に表示される」
上記の通り、/etc/motdに設定されたメッセージはログイン後に表示されるため、
この選択肢は誤りです。

今回取り上げた設定ファイルは、どれもユーザへの情報通知に使用されます。
それぞれ表示される条件が異なるため、細かい違いをおさらいしておきましょう。


■例題作成者
株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ