HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説205.2 高度なネットワーク構成

201試験の例題と解説

205.2 高度なネットワーク構成

今回は201試験の試験範囲から、「205.2 高度なネットワーク構成」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<205.2 高度なネットワーク構成>
重要度 4

<説明>
ネットワークデバイスを設定し、さまざまなネットワーク認証方法を実装する。これには、マルチホームのネットワークデバイスの設定、VPNクライアントの設定、および通信の問題解決も含まれる。

<主要な知識範囲>
・ルーティングテーブルを操作するユーティリティ
・Ethernetネットワークインターフェイスを設定および操作するユーティリティ
・ネットワークデバイスの状態を分析するユーティリティ
・TCP/IPのトラフィックを監視および分析するユーティリティ

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/sbin/route
・/sbin/ifconfig
・/bin/netstat
・/bin/ping
・/usr/sbin/arp
・/usr/sbin/tcpdump
・/usr/sbin/lsof
・/usr/bin/nc
・/sbin/ip
・nmap


■例題

以下のコマンドの中でルーティングテーブルの表示ができないものを選びなさい

1. route
2. ifconfig
3. ip
4. netstat

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「2. ifconfig」です。

ifconfigコマンドは、ネットワークインタフェースの設定や確認ができるコマンドです。
ifconfigコマンドでは、ルーティングテーブルの表示は行えません。

その他のコマンドでは、ルーティングテーブルの表示を行うことが可能です。
- route
  routeコマンドは、ルーティングテーブルの表示/設定が行えるコマンドです。
  routeコマンドをオプション無しで実行することでルーティングテーブルが表示されます。
  実行例は、以下です。
  $ route
  Kernel IP routing table
  Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
  10.1.0.0        *               255.255.0.0     U     0      0        0 eth0
  link-local      *               255.255.0.0     U     1002   0        0 eth0
  default         10.1.0.1        0.0.0.0         UG    0      0        0 eth0

- ip
  ipコマンドは、ネットワークインタフェースやルーティングなどの設定や確認ができるコマンドです。
  ipコマンドにサブコマンド「route」を指定することで、ルーティングテーブルを表示することが可能です。
  ipコマンドを使ったルーティングテーブルの表示するための実行方法は、複数あります。
  下記のコマンドを実行すると、すべてルーティングテーブルが出力されます。
  $ ip route
  $ ip route show
  $ ip route list
  実行例は、以下です。
  $ ip route list
  10.1.0.0/16 dev eth0  proto kernel  scope link  src 10.1.1.31
  169.254.0.0/16 dev eth0  scope link  metric 1002
  default via 10.1.0.1 dev eth0

- netstat
  netstatコマンドは、ネットワーク通信状況、ルーティングテーブル、インターフェースの状態などを表示するコマンドです。
  netstatコマンドにオプション「-r」を指定することで、ルーティングテーブルを表示することが可能です。
  実行例は、以下です。
  $ netstat -r
  Kernel IP routing table
  Destination     Gateway         Genmask         Flags   MSS Window  irtt Iface
  10.1.0.0        *               255.255.0.0     U         0 0          0 eth0
  link-local      *               255.255.0.0     U         0 0          0 eth0
  default         10.1.0.1        0.0.0.0         UG        0 0          0 eth0

同じルーティングテーブルを表示するにも様々な方法があります。
それぞれのコマンドでのルーティングテーブルの確認方法について抑えておきましょう。


◆例題作成者
株式会社デージーネット システム設計部    森 彰吾 氏
株式会社デージーネット ソリューション開発部 丸吉祐也 氏


  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ