HOMEサンプル問題・例題解説201試験の例題と解説204.3 論理ボリュームマネージャ

201試験の例題と解説

204.3 論理ボリュームマネージャ

今回は201試験の試験範囲から、「204.3 論理ボリュームマネージャ」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<204.3 論理ボリュームマネージャ>
重要度 3

<説明>
論理ボリューム、ボリュームグループ、および物理ボリュームの作成および削除を行う。これには、スナップショットと論理ボリュームのサイズ変更が含まれる。

<主要な知識範囲>
・LVMスイートのツール
・論理ボリューム、ボリュームグループ、物理ボリュームのサイズ変更、名前変更、作成および削除
・ボリュームグループの有効化

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/sbin/pv*
・/sbin/lv*
・/sbin/vg*
・mount
・/dev/mapper/


■例題

論理ボリュームを100GBに拡張するコマンドとして正しいものを選びなさい。

1. lvextend -L 100G <<ファイルシステム>>
2. lvchange -s 100G <<ファイルシステム>>
3. pvresize -L 100G <<ファイルシステム>>
4. pvchange -s 100G <<ファイルシステム>>

※この例題は実際の試験問題とは異なります。

解答と解説

答えは 「1. lvextend -L 100G <<ファイルシステム>>」です。

・lvextend:
  論理ボリュームのサイズを変更するコマンドです。
  lvresizeを使用して論理ボリュームを変更することも可能です。

・lvchange:
  論理ボリュームの属性を変更するコマンドです。
  指定した論理ボリュームをアクティブ/非アクティブの変更などを行う際に使用します。

・pvresize:
  物理ボリュームのサイズを変更するコマンドです。

・pvchange:
  物理ボリュームの状態を変更するコマンドです。
  ディスクの切り離し、接続を行ったり、新しいUUIDの付与したりする際に使用します。

論理ボリュームに関連するコマンドはlvextendなどコマンドの接頭辞にlvが、
物理ボリュームに関連するコマンドはpvresizeなどコマンドの接頭辞にpvが付与されています。

論理ボリュームは"logical volume"、物理ボリュームは"physical volume"となり、接頭辞も日本語と英語の対応で覚えておきましょう。

◆例題作成者
株式会社デージーネット システム設計部    森 彰吾 氏
株式会社デージーネット ソリューション開発部 丸吉祐也 氏


  • 今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
  • 採用になった方にはLPI-Japanオリジナルの記念品を贈呈します。
  • ご質問・ご意見はこちら
  • ※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。
    内容や試験問題に関わるお問い合わせにつきましては、LPI-Japan事務局ではお応えできませんのでご了解ください。

このページのトップへ